コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マロン酸 マロンさんmalonic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マロン酸
マロンさん
malonic acid

メタンジカルボン酸ともいう。化学式 C3H4O4 。無色針状晶で融点 135.5℃。融点以上に熱すると二酸化炭素を放出して酢酸を生じる。クロロ酢酸シアン化ナトリウムを作用させたのち,加水分解してつくられる。酸の一次標準物質としてアルカリ標準溶液の検定,金属イオンのマスキング剤など分析試薬として使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マロン酸【マロンさん】

化学式はCH2(COOH)2。無色の結晶。融点135.6℃。水,エタノール可溶マロン酸ジエチルとして有機合成反応に用いられる。クロル酢酸にシアン化ナトリウムを作用させたのち加水分解して得る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マロンさん【マロン酸 malonic acid】

鎖式ジカルボン酸の一つ。はじめにリンゴ酸malic acidの酸化によって得られたのでこの名がつけられた。天然にはカルシウム塩としてテンサイの中に含まれる。融点135℃の無色結晶で,水,エチルアルコールによく溶け,エーテルに微溶。水溶液は酢酸よりも強い酸性を示し,酸解離指数(25℃)はpK1=2.855,pK2=5.696。熱に対して不安定で,融点以上に加熱すると二酸化炭素と酢酸に分解する。無水物は知られておらず,五酸化リンを作用させると2分子の水を失って三二酸化炭素O=C=C=C=O(無色の有毒気体)を生じる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マロンさん【マロン酸】

二価カルボン酸の一種。化学式 HOOC・CH2・COOH 天然にはサトウダイコンに存在。コハク酸と構造が似るため、コハク酸デヒドロゲナーゼの阻害剤となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マロン酸
まろんさん
malonic acid

脂肪族ジカルボン酸の一つ。天然にはカルシウム塩としてサトウダイコン(甜菜(てんさい))をはじめ、リンゴの果実、マメ科植物の葉などにみいだされる。リンゴ酸の酸化によって最初に得られたが、実験室的にはクロロ酢酸の塩にシアン化ナトリウムを作用させてシアノ酢酸塩としたのち、加水分解すると得られる。

 融点135℃以上の温度で、酢酸と二酸化炭素に分解する。水、エタノール(エチルアルコール)によく溶け、エーテルにもかなり溶けるが、ベンゼンなどの無極性溶媒には溶けにくい。水溶液は酸性を示し、酢酸より強い酸である。マロン酸自体は、実験室での合成原料や分析試薬としての用途をもつだけであるが、そのエステルであるマロン酸エチルCH2(COOC2H5)2は、染料、医薬、香料などの合成原料として重要である。[廣田 穰]
 なお、マロン酸はコハク酸と構造が類似するため、コハク酸デヒドロゲナーゼと結合してその作用を拮抗的に阻害し、クエン酸回路の阻害剤となる。マロン酸ブロックとよばれ、クエン酸回路の解明に役だった。生体内では結合型としての役割が重要で、補酵素A誘導体であるマロニル補酵素Aは、脂肪酸合成の前駆体となる。すなわち、アセチル補酵素Aと二酸化炭素からマロニル補酵素Aが生成され、マロニル基はアシル運搬タンパク質に移されて二炭素単位の脂肪酸鎖の伸長に加わる。[池田加代子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マロン酸の関連キーワードベロウソフジャボチンスキー反応アデノシルコバラミン合成欠損コハク酸デヒドロゲナーゼビタミンB12と代謝異常マロン酸(データノート)アデノシルコバラミンリン脂質生合成阻害剤クネフェナゲル縮合フェノバルビタールシアノ酢酸エステルエチルアルコールシクロペンタンカルボアニオンマロン酸エチルバルビツール酸マイケル付加マイケル反応バルビツル酸活性メチレンメソシュウ酸

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android