コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンデルブロー Mandelbrot, Benoit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンデルブロー
Mandelbrot, Benoit

[生]1924.11.20. ポーランド,ワルシャワ
[没]2010.10.14. アメリカ合衆国,マサチューセッツ,ケンブリッジ
ポーランド生まれの数学者。フラクタルの概念の創始者として知られる。フラクタルは経済学,金融,株価の変動,天文学,コンピュータ科学などにおけるさまざまな現象の記述に用いられてきた。1945~47年フランスのエコール・ポリテクニク,1947~49年アメリカ合衆国のカリフォルニア工科大学などで学んだのち,プリンストン高等研究所においてジョン・フォン・ノイマンのもとで研究。1958年から 1993年まで IBMトーマス・J.ワトソン研究センターに勤務。1974年リサーチフェローに就任。1987年からエール大学の教師を兼務し,1999年に数理科学スターリング教授に就任。数学における反復操作によって得られる複雑な図形を記述する概念として,1980年にフラクタルを提唱した。フラクタルは全体と部分の自己相似性(→相似)があり,整数ではない次元をもつという特徴がある。フラクタルは自然界に多く見出されるほか,株価の変動など幅広い分野に現れ,それは,著書『フラクタル幾何学』The Fractal Geometry of Nature(1982)において多角的に論じられている。マンデルブローの名前を冠して呼ばれるマンデルブロー集合は,フラクタルの特徴的な性質をもつ集合である。1993年ウルフ財団物理学賞,2003年日本国際賞受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マンデルブロー

アメリカの数学者。ユダヤ人で,ポーランドのワルシャワ生れ。フランスに移住し,パリ大学などで学ぶ。1958年にアメリカへ渡り,研究所の所員や大学の客員教授などを務め,のちにイェール大学教授となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

マンデルブロー【Benoit B. Mandelbrot】

1924~ ) アメリカの数学者。ポーランド生まれ。コンピューター-グラフィックスに用いられるフラクタル幾何学を創始。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

マンデルブローの関連キーワードコンピューターフラクタル理論グラフィックスIBM[会社]ウェルナーヨッコス幾何学複雑系

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android