コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミカヅキモ

2件 の用語解説(ミカヅキモの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミカヅキモ

緑藻類チリモ科の淡水藻。池,水田,溝などに生育。体は単細胞三日月形,中央部にくびれがある。生殖には体がくびれの所で分裂して2個体にふえる無性生殖と,2個体の内容が接合して新しい個体をつくる有性生殖がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミカヅキモ
みかづきも
[学]Closterium

緑藻植物、接合藻類の1属の総称。ミカヅキモは、チリモとよばれる単細胞の仲間の代表的な属で、約80種が知られている。三日月形の独特の形をもつので教材としてもよく使われる。湖沼、池、湿原に広く分布する淡水産の藻類である。[小林 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミカヅキモの関連キーワードクロレラ接合藻類淡水藻葦付淡水海綿三日月藻緑藻植物散藻緑藻カワノリ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミカヅキモの関連情報