コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミカヅキモ

百科事典マイペディアの解説

ミカヅキモ

緑藻類チリモ科の淡水藻。池,水田,溝などに生育。体は単細胞で三日月形,中央部にくびれがある。生殖には体がくびれの所で分裂して2個体にふえる無性生殖と,2個体の内容が接合して新しい個体をつくる有性生殖がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミカヅキモ
みかづきも
[学]Closterium

緑藻植物、接合藻類の1属の総称。ミカヅキモは、チリモとよばれる単細胞の仲間の代表的な属で、約80種が知られている。三日月形の独特の形をもつので教材としてもよく使われる。湖沼、池、湿原に広く分布する淡水産の藻類である。[小林 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミカヅキモの関連キーワードツボカビ(壺黴)オルピディウム単細胞生物三日月藻塵藻散藻

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android