ミシュコルツ(英語表記)Miskolc

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンガリー北東部の都市。ビュック山地の東麓,シャヨー川沿いに位置する。丘陵地帯と大平原の結節点に立地し,古くから商業の中心地として発達した。コムギ,ワイン,果物肉牛皮革などの集散地。付近に鉄鉱山があり,第2次世界大戦を契機に工業都市として急速に発展した。特産に靴などの皮革製品磁器がある。人口 19万 4033 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ハンガリー北東部の都市。ブダペストデブレツェンに次ぐ同国第三の都市であり、北東部の中心地。18世紀に同国初の製鉄工場が建設され、第二次大戦後は旧ソ連を中心とするコメコン体制の下、コンビナート基地を擁する工業都市として発展した。中世に建造されたディオーシュジュール城のほか、近郊には洞窟温泉で知られる村ミシュコルツタポルツァやハーモリ湖畔の避暑地リラフレドなどがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハンガリー北東部,ボルショド・アバウージ・ゼムプレーン県の県都で,工業都市。ティサ川支流シャヨ川に沿う。冶金・機械・セメント・繊維・食品工業が行われ,近郊のディオーシュジェールには鉄鋼コンビナートがある。付近にはブドウ園が多くブドウ酒醸造も盛ん。大学都市でもあり,郊外にはリラフュレドの保養地がある。第2次大戦中は反ファシズムレジスタンスの拠点であった。16万8000人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブダペスト,デブレツェンに次ぐハンガリー第3の大都市。ハンガリー北部,ビュク山系の東のふもとにある工業都市。ボルショド・アバウーイ・ゼムプレーン県の県都。大学都市で,近くに保養地もある。人口18万(1996)。10世紀末にハンガリー人が定住してから発展し始め,ディオーシュジェールの城がつくられた(現在の市の東端にある)。14世紀からブドウ,ブドウ酒生産が発展した。オスマン・トルコの支配期には1596年から貢納を支払うだけで,破壊は免れた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンガリー北東部、ボルショド・アバウジ・ゼムプレーン県の県都。北東ハンガリーの中心地で、人口18万4125(2001)。同国第三の大都市。18世紀にハンガリー最初の製鉄工場が建設されたディオシュジョール地区は、ボルショド炭田の褐炭とハダバニヤの鉄鉱石資源を背景にして、第二次世界大戦後、一大製鉄コンビナート基地に発展した。ほかに機械、セメント、ガラス、耐火れんが、肥料などの重化学工業が発達する。周辺の丘陵地帯は戦前からの豊かな農業地帯で、ブドウ、リンゴ、アンズなどの果樹栽培と果実酒の生産が盛ん。とくにゼムプレーン山麓(さんろく)のトカイ・ワインは世界的に有名。博物館、工業大学がある。

[古藤田一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android