コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミジンコウキクサ

百科事典マイペディアの解説

ミジンコウキクサ

ウキクサ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミジンコウキクサ【Wolffia arrhiza (L.) Wimmer】

ウキクサ科の微小な,水面を浮遊する水草。被子植物のなかでもっとも小さな植物として有名である。根はなく,緑色で径0.5mmほどのレンズ状で,表がやや平らな葉状体のみからなり,一端から出芽して無性的に増殖する。まれに葉状体の表がくぼみ,その中におしべ1本とめしべ1本からなる花をつける。熱帯から温帯まで世界各地に分布し,水鳥によって運ばれたと推定される。コツブウキクサ,コナウキクサの別名もある。【堀田 満】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミジンコウキクサ
みじんこうきくさ / 微塵粉浮草
[学]Wolffia globosa (Roxb.) Hartog et Plas

ウキクサ科の浮水性の一年草。日本産の種子植物のなかでは最小の種で、名はこのことに由来する。葉状体は楕円(だえん)体で緑色、長さ0.3~0.8ミリ、幅0.2~0.3ミリ、高さ0.2~0.6ミリ。出芽嚢(のう)は1個。雌雄同株。花序は葉状体の表面に生じ、包葉はなく、雄花、雌花各1個からなる。関東地方以西の本州から沖縄、および東南アジア、オーストラリア、アフリカに分布する。[邑田 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android