コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミジンコウキクサ

3件 の用語解説(ミジンコウキクサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミジンコウキクサ

ウキクサ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミジンコウキクサ【Wolffia arrhiza (L.) Wimmer】

ウキクサ科の微小な,水面を浮遊する水草。被子植物のなかでもっとも小さな植物として有名である。根はなく,緑色で径0.5mmほどのレンズ状で,表がやや平らな葉状体のみからなり,一端から出芽して無性的に増殖する。まれに葉状体の表がくぼみ,その中におしべ1本とめしべ1本からなる花をつける。熱帯から温帯まで世界各地に分布し,水鳥によって運ばれたと推定される。コツブウキクサ,コナウキクサの別名もある。【堀田 満】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミジンコウキクサ
みじんこうきくさ / 微塵粉浮草
[学]Wolffia globosa (Roxb.) Hartog et Plas

ウキクサ科の浮水性の一年草。日本産の種子植物のなかでは最小の種で、名はこのことに由来する。葉状体は楕円(だえん)体で緑色、長さ0.3~0.8ミリ、幅0.2~0.3ミリ、高さ0.2~0.6ミリ。出芽嚢(のう)は1個。雌雄同株。花序は葉状体の表面に生じ、包葉はなく、雄花、雌花各1個からなる。関東地方以西の本州から沖縄、および東南アジア、オーストラリア、アフリカに分布する。[邑田 仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミジンコウキクサの関連キーワード水草炭塵赤浮草浮水植物浮遊機雷青浮草浮草光海鞘空中粉塵

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone