コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミスラータ ミスラータ Misrātah

3件 の用語解説(ミスラータの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミスラータ
ミスラータ
Misrātah

リビア中央北部,トリポリタニア地方北部,地中海に面する港町。地下水の湧出するオアシスに位置する。7世紀頃に内陸地方への隊商路の出発点として建設され,12世紀までは主として内陸貿易の根拠地であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミスラータ(Misratah)

リビア北西部の港湾都市。地中海のシルト湾西岸に臨む。中世より内陸部のトンブクツなどへの隊商路の起点として栄えた。絨毯(じゅうたん)の産地としても知られる。リビア革命以降、製鉄業が盛んで同国有数の工業都市に発展。2011年のリビア内戦ではカダフィ派と反政府派の間で激しい戦闘が行われた。ミスラタ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミスラータ
みすらーた
Misrath

北アフリカ、リビアの地中海岸にある港湾都市。シルテ湾の西端に位置する。人口16万8700(2002推計)。内陸からのワジ(涸(か)れ川)の河口にあるオアシスとして、古くからトンブクトゥなどスーダン地帯と結ぶ隊商路の起点として栄えた。イタリア植民地時代以来、ミスラータ州の州都である。農畜産物の集散地で、じゅうたん、皮革加工の伝統工芸も行われる。リビア革命以後、国の工業化の象徴として製鉄所が建設されている。空港がある。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミスラータの関連キーワードガベスシルトフムスベジャイアモスタガネムリビアベスの塔バニヤースズリテンミスラタ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone