コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズスマシ ミズスマシ Gyrinus japonicus

3件 の用語解説(ミズスマシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズスマシ
ミズスマシ
Gyrinus japonicus

鞘翅目ミズスマシ科。体長 7mm内外。体は楕円形,背面は隆起するが腹面は平らである。全体が黒色で,背面には強い光沢がある。前肢は長く,獲物を捕え,保持するのに適しているほか,雄では 跗節が広がり吸盤をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミズスマシ

ミズスマシ科の甲虫の1種。体長6.5mm内外,黒色で鋼鉄光沢がある。腹面は赤褐色。日本全土,朝鮮,中国,台湾に分布する。池沼,小川などの水面を旋回するが驚くと水中に潜入する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズスマシ
みずすまし / 鼓豆虫
[学]Gyrinus japonicus

昆虫綱甲虫目ミズスマシ科に属する昆虫。日本各地に分布し、河川、池沼、水田などに多かったが、農薬や汚染によって激減した。体長6~7.5ミリメートル。黒色で卵形、背面は軽く膨らみ、腹面は平たく、頭・背面周辺には金属光沢がある。上ばねには点刻列をもち、雌ではやや光沢が鈍い。春から秋にかけて水面上を旋回し、水面に落下した小昆虫を捕食する。近似の種にコミズスマシ、ミヤマミズスマシなどがある。
 ミズスマシ科whirligig beetle/Gyrinidaeの甲虫は世界各地に産し、およそ700種が知られ、日本にも十数種が産する。卵円形ないし紡錘形で腹面は平たく、水面での活動に適し、目は上下に二分し、中脚は櫂(かい)のように幅広く平たく、触角は棍棒(こんぼう)状で短い。いずれも食肉性で昼間活動するが、オナガミズスマシの類は夜間活動する。幼虫は白色ないし淡黄色で細長く、各腹節両側に細長い枝状の気管鰓(さい)をもち、水中で小昆虫を捕食し、成熟すると上陸して土中に潜り、蛹(さなぎ)となる。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミズスマシの関連キーワード水虫御澄まし小水虫澄まし屋水澄清まし女澄まし顔アオクサカメムシミズスマシ(水澄)鞘翅目

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミズスマシの関連情報