ミズナラ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズナラ
みずなら
[学]Quercus mongolica Fisch. var. grosseserrata Rehd. et Wils.

ブナ科の落葉高木。コナラ、ナラガシワとともに、単にナラとよぶことがある。高さ25メートル、直径1.5メートルに達する。樹皮は灰褐色で深い不規則な裂け目がある。形態は全般的にコナラに似るが、葉は長さ8~14センチメートルと大きく、逆に葉柄は2ミリメートル以下と短い。堅果は卵状楕円(だえん)形で、1.5~2.5センチメートル、濃褐色に熟し、殻斗(かくと)は椀(わん)形で小鱗片(りんぺん)を密布し、堅果の2分の1ほどを包む。ブナとともに日本の温帯林の優占種となり、果実はクマ、サル、リス、ネズミ類、カケスまたシギゾウムシ類の餌(えさ)となっている。陽樹であり、森林内には稚樹はほとんど育たないが、日当りがよく、土の深い緩斜面では初期成長は旺盛(おうせい)である。樹齢は普通300年以上と長い。鹿児島県高隈(たかくま)山を南限とし、北海道まで広く分布する。母種のモンゴリナラQ. mongolica Fisch.は、本州北部、北海道、および千島列島、朝鮮、樺太(からふと)(サハリン)、東シベリアに広く分布する。変種のミヤマナラvar. undulatifolia Kitam. et Horik.は日本海型気候の多雪地の急斜面に生育し、幹は伏臥(ふくが)し低木状になる。
 材は重硬で、心材は黄褐色、髄線などの木理も美しく、昔はヨーロッパに家具材として輸出されていた。近年は日本でも高級家具材として貴重な存在になってきた。名は、材に水分が多く、燃えにくいことからきたという。樹皮は厚く、カシワとともに山火事跡地に成林することも多い。[萩原信介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミズナラの言及

【コナラ】より

…薪炭材にしたり,落葉を肥料にするなど農山村の生活と密接なかかわりを持っていた。材は建築,家具などに用いられるが,ミズナラほど優秀でない。 ミズナラQ.mongolica Fischer var.grosseserrata (Bl.) Rehd.et Wils.はコナラより高い所に生え,大木で森林をなす。…

※「ミズナラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミズナラの関連情報