コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズヒキ

百科事典マイペディアの解説

ミズヒキ

タデ科の多年草。日本全土,東〜東南アジアの山野にはえる。茎は直立し,高さ60cm内外。葉は互生し,楕円形で,ときに葉面に黒い斑紋ができる。8〜10月,枝先に長さ30〜40cmの花穂をのばす。
→関連項目キンミズヒキ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミズヒキ【Polygonum filiforme Thunb.】

赤い水引のような長い花穂をつけるタデ科の多年草(イラスト)。全草に伏毛がある。茎は分岐し,屈曲する木質塊茎より叢生(そうせい)して直立し,まばらに分枝して高さ50~80cm。葉は倒卵形で長さ7~15cm,中央にしばしば黒色の斑紋がある。葉鞘(ようしよう)は縁毛がある。花期は8~10月。花はまばらに断続した穂状につき,花穂は30~40cm。花被片は4枚で紅色,おしべは5本,花柱は2本,蜜腺がある。堅果はレンズ形で長さ2.5mm,開花後に花柱は生長し,花被の外につき出て硬くなり,先端が鉤(かぎ)状に曲がり,動物の体表に付着して散布される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズヒキ
みずひき / 水引
[学]Polygonum filiforme Thunb.

タデ科の多年草。高さ50~80センチメートル、節は膨れる。葉は短柄があって互生し、広楕円(こうだえん)形で長さ5~15センチメートル、先端は急にとがり、基部はくさび形。葉質は薄く、両面に粗毛があり、表面はしばしば黒斑(こくはん)がある。8~10月、細長い花穂をつくり、まばらに小花を開く。花被(かひ)は4枚で赤色。雄しべは5本、雌しべは1本。痩果(そうか)は卵状扁圧(へんあつ)形で長さ2.5ミリメートル、宿存する花被に包まれ、褐色で光沢がある。果実には花柱が落ちずに残り、先は鉤(かぎ)形になる。山野に普通に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国、ヒマラヤ、インドシナに分布する。名は、花穂が長く、水引状になることによる。白色花のものをギンミズヒキ(銀水引)、葉の質が厚くつやがあり、無毛のものをシンミズヒキP. neo-filiforme Nakaiといい、本州から九州、および中国に分布する。
 なお、ミズヒキの名がついているキンミズヒキはバラ科の多年草で、本種とはまったくの別種である。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミズヒキの関連キーワードミズヒキゴカイ(水引沙蚕)キンミズヒキ(金水引)ミズヒキガニ(水引蟹)ミズヒキモ(水引藻)ミズヒキゴカイミズヒキガニ水引沙蚕八幡水引穂状花序水引草水引蟹糸藻

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミズヒキの関連情報