コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツバ(三葉) ミツバCryptotaenia japonica; hornwort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツバ(三葉)
ミツバ
Cryptotaenia japonica; hornwort

セリ科の多年草で,アジア東部の温帯から暖帯に広く分布する。日本各地の山地樹陰に野生するが,野菜としても栽培される。茎は 30~50cmとなり緑色で分枝する。根出葉および下部の葉は長柄をもつ3出複葉で,小葉卵形,鋭尖頭で不整の鋭鋸歯があり下面淡色で光沢がある。夏に,小枝の先端にまばらな複散形花序をなして白色の小花を少数個つける。本種の花序は他のセリ科のもののように傘形にならないで,軸に沿って縦に並ぶ。果実は楕円形で黒熟する。栽培品はほぼ一年中野菜として出回っているが,野生のものは,春まだ葉が軟らかいときに食用にされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミツバ【ミツバ(三葉) Japanese hornwort】

葉を食用とするセリ科の多年草(イラスト)。南サハリンから日本全域,朝鮮半島,中国,台湾に分布し,ごく近縁の種C.canadensis DC.が北アメリカに分布している。両者は同一種とされることもある。葉は根生し,3小葉からなり,夏30~50cmの茎を立てて複散形花序に小さな白花をつける。果実は2分果からなり長楕円形。山間のやや湿った所に多い。全草に強い香りがあり,日本では古くから野生のミツバを野菜として利用しているが,栽培は江戸時代に始まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android