コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツバ(三葉) ミツバ Cryptotaenia japonica; hornwort

2件 の用語解説(ミツバ(三葉)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツバ(三葉)
ミツバ
Cryptotaenia japonica; hornwort

セリ科の多年草で,アジア東部の温帯から暖帯に広く分布する。日本各地の山地の樹陰に野生するが,野菜としても栽培される。茎は 30~50cmとなり緑色で分枝する。根出葉および下部の葉は長柄をもつ3出複葉で,小葉は卵形,鋭尖頭で不整の鋭鋸歯があり下面は淡色で光沢がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミツバ【ミツバ(三葉) Japanese hornwort】

葉を食用とするセリ科の多年草(イラスト)。南サハリンから日本全域,朝鮮半島,中国,台湾に分布し,ごく近縁の種C.canadensis DC.が北アメリカに分布している。両者は同一種とされることもある。葉は根生し,3小葉からなり,夏30~50cmの茎を立てて複散形花序に小さな白花をつける。果実は2分果からなり長楕円形。山間のやや湿った所に多い。全草に強い香りがあり,日本では古くから野生のミツバを野菜として利用しているが,栽培は江戸時代に始まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミツバ(三葉)の関連キーワードセリ(芹)阿魏甘菜アメリカ防風森薊明日葉うるいキクボタンボウフウ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone