コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミナス Minas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミナス
Minas

ウルグアイ南東部,ラバイェハ県県都。首都モンテビデオの北東約 100kmにある。 1783年鉱山地帯の中心地として建設された町で,市名はスペイン語で「鉱山」の意。現在は森林におおわれた丘陵地帯にあって風光に恵まれるため,首都の市民の行楽地として発展。また市で生産される瓶詰の鉱泉水は全国的に有名で,ビール醸造にも使われる。周辺では花崗岩鉄鉱大理石などが採掘される。首都と鉄道,道路で連絡。人口3万 4634 (1985) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ミナス(Minas)

ウルグアイ南部の都市。ラバイェハ州の州都。首都モンテビデオの北東約100キロメートルに位置する。周囲に鉱山が多く、18世紀後半にその中心地として建設された。鉄鉱石や鉛のほか、花崗岩(かこうがん)や大理石などの石材を産する。鉱泉水やビールも有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミナス
みなす
Minas

南アメリカ南東部、ウルグアイ南部の都市。人口4万0500(2002推計)。Lavalleja県(人口6万2552。2001)の県都。首都モンテビデオの北東120キロメートルに位置する。地名は鉱山に囲まれている所の意で、付近で良質の大理石、花崗(かこう)岩などの石材や鉛を産する。農牧産品の集散地で、ビール醸造のほかミネラルウォーターの供給地として有名。ウルグアイ独立運動の指導者ラバリェハの出生地で、中央広場にその騎馬像がある。[山本正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミナスの関連キーワードカルロス ドルモン・デ・アンドラーデリオ・グランデ川(ブラジル)J. クビチェック・デ・O.J. ギマランイス・ローザサン・フランシスコ[川]サン・フランシスコ[川]ギマランイス・ローザティラデンテスの陰謀ジュイス・デ・フォラギマランイス・ローザギマランエス・ローザビトリア(ブラジル)古都オウロリベイラン・プレトオウロ・プレートパラナイバ[川]オーロ・プレートベロ・オリゾンテベロ・オリゾンテオウロ・プレト

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミナスの関連情報