コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミハイル・ロマノフ Mikhail Fëdorovich Romanov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミハイル・ロマノフ
Mikhail Fëdorovich Romanov

[生]1596.7.22. モスクワ
[没]1645.7.23. モスクワ
ロシアのツァーリ (在位 1613~45) 。ロマノフ朝初代のツァーリ。モスクワ総主教フィラレートの子。 1613年動乱時代ののち,ゼムスキー・ソボール (全国議会) によってツァーリに選出された。君主としては凡庸で,33年まで「大君」と呼ばれた父親が実権を握っていた。彼の時代にロシアの秩序は次第に回復するとともに,農奴制が強化され,ロマノフ朝支配の基盤が確立された。当初ゼムスキー・ソボールが重要な役割を果したが,帝権が強化されるとともにあまり招集されなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ミハイル・ロマノフ

ロシア皇帝(在位1613年―1645年)。ロマノフ朝の始祖。ポーランド干渉軍が撤退したあと,大貴族におされて即位。実権は父フィラレート(フョードル1世の従兄弟)が掌握。
→関連項目アレクセイ・ミハイロビチ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミハイル・ロマノフ
みはいるろまのふ
Михаил Фёдорович Романов Mihail Fyodorovich Romanov
(1596―1645)

ロシアのロマノフ朝初代皇帝(在位1613~45)。フョードル1世の従兄フョードル・ロマノフ(本名)の子として生まれる。ボリス・ゴドゥノフ帝により父子とも出家させられたが、動乱時代(1604~13)末期にゼムスキー・ソボール(全国会議)により16歳で皇帝に選出された。初め親族、とくに1619年以降、総主教でフィラレートとよばれた父が実権を握ったが、父の死(1633)後は親政した。国内秩序の回復に努め、スウェーデン(1617)、ポーランド(1618)と和したが、その後失地回復のためのポーランドとの戦争(1632~34)は失敗した。財政再建のため重税を課し、逃亡農民の逮捕期間を延長して農奴制を強化した。彼は病弱、凡庸であり、水腫(すいしゅ)のため45年7月13日死去した。[伊藤幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ミハイル・ロマノフ

生年月日:1596年7月22日
ロシアの皇帝(在位1613〜45)
1645年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ミハイル・ロマノフの関連キーワードウワディスワフ4世ワーザ動乱時代[ロシア]アレクセイ1世ストロガノフ家生年月日コサック

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android