ミハイル・ロマノフ(英語表記)Mikhail Fëdorovich Romanov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミハイル・ロマノフ
Mikhail Fëdorovich Romanov

[生]1596.7.22. モスクワ
[没]1645.7.23. モスクワ
ロシアのツァーリ (在位 1613~45) 。ロマノフ朝初代のツァーリ。モスクワ総主教フィラレートの子。 1613年動乱時代ののち,ゼムスキー・ソボール (全国議会) によってツァーリに選出された。君主としては凡庸で,33年まで「大君」と呼ばれた父親が実権を握っていた。彼の時代にロシアの秩序は次第に回復するとともに,農奴制が強化され,ロマノフ朝支配の基盤が確立された。当初ゼムスキー・ソボールが重要な役割を果したが,帝権が強化されるとともにあまり招集されなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ミハイル・ロマノフ

ロシア皇帝(在位1613年―1645年)。ロマノフ朝の始祖。ポーランド干渉軍が撤退したあと,大貴族におされて即位。実権は父フィラレート(フョードル1世の従兄弟)が掌握。農奴制の強化を進めた。
→関連項目アレクセイ・ミハイロビチ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミハイル・ロマノフ
みはいるろまのふ
Михаил Фёдорович Романов Mihail Fyodorovich Romanov
(1596―1645)

ロシアのロマノフ朝初代皇帝(在位1613~45)。フョードル1世の従兄フョードル・ロマノフ(本名)の子として生まれる。ボリス・ゴドゥノフ帝により父子とも出家させられたが、動乱時代(1604~13)末期にゼムスキー・ソボール(全国会議)により16歳で皇帝に選出された。初め親族、とくに1619年以降、総主教でフィラレートとよばれた父が実権を握ったが、父の死(1633)後は親政した。国内秩序の回復に努め、スウェーデン(1617)、ポーランド(1618)と和したが、その後失地回復のためのポーランドとの戦争(1632~34)は失敗した。財政再建のため重税を課し、逃亡農民の逮捕期間を延長して農奴制を強化した。彼は病弱、凡庸であり、水腫(すいしゅ)のため45年7月13日死去した。[伊藤幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ミハイル・ロマノフ

生年月日:1596年7月22日
ロシアの皇帝(在位1613〜45)
1645年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android