コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミカキグサ

百科事典マイペディアの解説

ミミカキグサ

タヌキモ科の小型の多年草。本州〜沖縄の湿地にはえる食虫植物で,東アジア,オーストラリアにも分布。地下茎糸状で長く,浅く地中をはい,まばらに小型の捕虫袋とへら形の葉を出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミミカキグサ【winged bladderwort】

日当りのよい酸性湿地に生え,地下部に小さな捕虫囊をつけて,土中の微小動物を捕食するタヌキモ科食虫植物(イラスト)。水草のタヌキモと同属である。厳密な意味での根,茎,葉をもたない。地下茎状器官は白く,細く,地中浅く伸び,所々に線形緑色で長さ6~8mmの葉状器官をつける。捕虫囊は地下茎状器官と葉状器官にみられる。8~10月下旬に,長さ7~15cmの花茎を伸ばし,1~5個の黄色花を総状につける。花冠は仮面状で,幅3~5mm,基部に後方へとがった距をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミミカキグサ
みみかきぐさ / 耳掻草
[学]Utricularia bifida L.

タヌキモ科の一年草。白い糸状の地下茎が浅い泥中をはい、小さな捕虫嚢(のう)をまばらにつけ、微小な動物をとらえて消化する。地上葉は線形、長さ0.6~1センチメートルと小さい。花茎は細く、高さ7~15センチメートル、まばらに鱗片葉(りんぺんよう)をつける。8~10月、小花柄のある黄色の小花を数個開く。花冠の距(きょ)は斜め下向きに湾曲する。花期後、萼(がく)は大きくなって果実を包み、耳かき状となる。名は、この形を耳かきに見立てていう。丘陵から山地の泥湿地に生え、本州から沖縄、および中国、インド、マレーシア、オーストラリアに分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミミカキグサの関連キーワードミミカキグサ(耳掻草)ムラサキミミカキグサウサギゴケタヌキモ類葦毛湿原

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android