コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミカキグサ

3件 の用語解説(ミミカキグサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミミカキグサ

タヌキモ科の小型の多年草。本州〜沖縄の湿地にはえる食虫植物で,東アジアオーストラリアにも分布。地下茎は糸状で長く,浅く地中をはい,まばらに小型の捕虫袋とへら形の葉を出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミミカキグサ【winged bladderwort】

日当りのよい酸性湿地に生え,地下部に小さな捕虫囊をつけて,土中の微小動物を捕食するタヌキモ科食虫植物イラスト)。水草のタヌキモと同属である。厳密な意味での根,茎,葉をもたない。地下茎状器官は白く,細く,地中浅く伸び,所々に線形緑色で長さ6~8mmの葉状器官をつける。捕虫囊は地下茎状器官と葉状器官にみられる。8~10月下旬に,長さ7~15cmの花茎を伸ばし,1~5個の黄色花を総状につける。花冠は仮面状で,幅3~5mm,基部に後方へとがった距をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミミカキグサ
みみかきぐさ / 耳掻草
[学]Utricularia bifida L.

タヌキモ科の一年草。白い糸状の地下茎が浅い泥中をはい、小さな捕虫嚢(のう)をまばらにつけ、微小な動物をとらえて消化する。地上葉は線形、長さ0.6~1センチメートルと小さい。花茎は細く、高さ7~15センチメートル、まばらに鱗片葉(りんぺんよう)をつける。8~10月、小花柄のある黄色の小花を数個開く。花冠の距(きょ)は斜め下向きに湾曲する。花期後、萼(がく)は大きくなって果実を包み、耳かき状となる。名は、この形を耳かきに見立てていう。丘陵から山地の泥湿地に生え、本州から沖縄、および中国、インド、マレーシア、オーストラリアに分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミミカキグサの関連情報