コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマトベラ Euchresta japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマトベラ
Euchresta japonica

マメ科の常緑低木で,関東地方以西,四国,九州に分布する。高さは 60cmほどになり,葉は互生し有柄で3出複葉,小葉は長さ5~8cmの楕円形で質は厚くつやがある。初夏に,頂生の総状花序をつけ,白色の小さな蝶形花を多数開く。花は長さ 1cmぐらい,萼は杯形,10本のおしべがあり,子房には長い柄がある。豆果は広楕円形でやや肉質,黒紫色に熟し,長さ 15mmぐらいの莢となる。根にはマトリン,シチシンなどのアルカロイドを含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤマトベラ【Euchresta japonica Hook.f.ex Regel】

マメ科の特異な常緑半低木で,エンジュクララ類縁がある。和名は深山トベラの意で,小葉が暖地の海岸に多いトベラに似てしかも山地に生育することからついた。標高100~800mのやや湿った暖帯林の中にややまれに生育し高さ約80cmに達する。茎は緑色で,基部木質。根は木質で太くふくれる。葉は互生し,3小葉をつける。小葉は深緑色,楕円形または倒卵形,やや厚質で光沢がある。6~7月に茎の先に花穂を伸ばし,上方に多数の蝶形花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマトベラ
みやまとべら / 深山扉木
[学]Euchresta japonica Benth.

マメ科の常緑小低木。高さ30~80センチメートル。根はやや肥大した多肉質である。葉は3小葉からなる。小葉は質が厚く、上面に光沢があり、楕円(だえん)形で長さ5~8センチメートル。7月ころ、茎の先端に総状花序を出し、長さ1センチメートルほどの白色の蝶形花(ちょうけいか)を多数つける。豆果(とうか)は楕円形で長さ約1.5センチメートル、やや肉質で黒紫色に熟し、中に大形の種子が1個ある。茨城県以西の本州、四国、九州の常緑林内に生え、中国大陸中部に分布。名は、深山に生えるトベラ(トベラ科の常緑低木)という意味で、葉の形や光沢がトベラに似ていることによる。[立石庸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミヤマトベラの関連キーワード医者倒山苦木マメ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android