コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュシャ Mucha, Alfons

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュシャ
Mucha, Alfons

[生]1860.7.24. モラビア,イバンチツェ
[没]1939.7.14. プラハ
チェコの画家,イラストレーター。モラビアのブルノで初等教育を受ける。ウィーンで劇場の背景画を描く仕事をしたのち,ミュンヘンとパリで美術を学んだ。パリにとどまりゴーガン,劇作家ストリンドベリらと親交を結ぶ。 1892年出版社アルマン・コリンに就職。 94年以後の数年間女優サラ・ベルナールと契約し,彼女のポスター広告および衣装,舞台装置などのデザインを引受け,アール・ヌーボーのこの分野での代表的存在となる。 1922年までにいくたびか渡米し,21~22年ニューヨークで個展を開いた。主要作品はイラスト集"Ilsée" (1897) ,『スラブ叙事詩,20の大絵画』 (1928,モラフスキー・クロムロブ城) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ミュシャ

アール・ヌーボー様式のグラフィック・デザインを代表するポスター作家,画家。チェコ語ではムハ。モラビア(現チェコ)生れ。ウィーン,ミュンヘンを経て,1888年パリに移る。
→関連項目ポスター

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミュシャ【Alphonse Mucha】

1860‐1939
チェコスロバキア出身で,パリで活躍した画家。チェコ語ではムハ。イバンチツェIvančice生れ。ミュンヘンのアカデミーで学び,1887年パリに出る。94年サラ・ベルナールの《ジスモンダ》のポスターを描いて,一躍,世紀末の代表的なグラフィック・アーティストになった。1904年まで,《椿姫》《ロレンザッチョ》《ハムレット》など,ベルナールのためのポスターを描きつづける。さらに,装飾パネルからブローチにいたるおびただしい装飾美術を手がけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュシャ
みゅしゃ
Alfons Mucha
(1860―1939)

チェコスロバキアの画家、装飾画家。チェコ語読みはムハ。モラビアのイバンチッツェ生まれ。プラハの美術学校の入試に失敗、ウィーンに出て舞台美術工房で働く。その後クーエン・ベラシ伯爵に認められミュンヘンで修業、1888年からパリに移りアカデミー・ジュリアンなどで学んだ。その経済援助が打ち切られた90年代から自活の道を挿絵にみいだす。また、94年の暮れ、図らずも女優サラ・ベルナールのポスターを制作する幸運を得、大ヒットして一躍名声を博す。サラとの契約6年間に生まれたポスター、花と女の華麗なミュシャ様式は、アール・ヌーボーの代名詞になった。1904年以後、何回かアメリカに行き、制作し教鞭(きょうべん)もとる。10年から祖国に帰り、18年の歳月をかけた絵画の大作『スラブ叙事詩』を完成。国章・切手・紙幣のデザイン、プラハの聖ビート大聖堂のステンドグラスなどを手がけ、終生愛した祖国の首都プラハで没した。[浜田靖子]
『中山公男他編『アール・ヌーヴォーの世界1 ミュシャとパリ』(1987・学習研究社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミュシャの関連キーワードサントリーミュージアム[天保山]ヴォイチェフ プライシグアルフォンス・ミュシャ館聖ヴィート大聖堂聖ビート大聖堂下関市立美術館A. ミュシャ6月24日リトグラフゴーガン東欧美術中山公男クプカ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミュシャの関連情報