ミルティアデス

世界大百科事典 第2版の解説

ミルティアデス【Miltiadēs】

前550ころ‐前489ころ
古代アテナイの軍人,政治家。アテナイの僭主ペイシストラトス一門の支配体制のもとで,前524か前523年に筆頭アルコン職に就任。その後,黒海ルート確保の国策を受けてトラキア地方のケルソネソス半島に植民地を経営し,レムノス島も占領した。前513年ころのダレイオス1世のスキタイ遠征に参加したが,前493年イオニア反乱荷担者としてケルソネソスから追われてアテナイに帰還した。政敵はケルソネソスにおける僭主政治のかどで彼を告発したが無罪となり,その後は連年将軍に選ばれて反ペルシア路線の急先鋒となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミルティアデス
みるてぃあです
Miltiades
(前550ころ―前489)

古代ギリシア、アテネの将軍。マラトンの戦いで指導的役割を果たした。名門フィライオスPhilaios家の出身。彼は紀元前524年ころ、同名の伯父が開拓したトラキアのケルソネソスChersonesosの支配者になった。前5世紀初めにはインブロス、レムノス両島を占領し、アテネに譲った。自ら参加したイオニアの反乱の末期、ペルシアの支配を逃れてアテネに戻る(前493)と、ケルソネソスでの専制を理由に政敵により告訴されたが、無罪となる。前490年ペルシア軍がアッティカに接近すると、ペルシア人の戦法を熟知していた彼は、出撃してペルシア人と戦うことを民会で決議させ、マラトンの戦いでペルシア軍の撃退に成功した。しかし、翌年パロス遠征に失敗、莫大(ばくだい)な罰金を課せられて失脚し、拘禁中、パロス島で受けた戦傷がもとで獄死した。なお、デロス同盟の確立に大きな貢献をしたキモンは彼の息子である。[真下英信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミルティアデスの言及

【クサンティッポス】より

…改革者クレイステネスのめいを妻とし,政界で活躍。前489年マラトン合戦の功労者ミルティアデスを民会で弾劾して有罪にしたが,前484年には陶片追放に遭う。前480年ペルシア軍を迎えての大赦令により帰国。…

※「ミルティアデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android