コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミレニアム開発目標 ミレニアムカイハツモクヒョウ

3件 の用語解説(ミレニアム開発目標の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ミレニアム‐かいはつもくひょう〔‐カイハツモクヘウ〕【ミレニアム開発目標】

2000年9月にニューヨークで開催された国連ミレニアムサミットで採択された国連ミレニアム宣言などをもとにまとめられた国際社会が達成すべき目標。極度の貧困と飢餓の撲滅、普遍的な初等教育の達成、ジェンダーの平等の推進と女性の地位向上、幼児死亡率の引き下げ、妊産婦の健康状態の改善、HIV/エイズマラリアその他の疾病の蔓延防止、環境の持続可能性の確保、開発のためのグローバルパートナーシップの構築という八つの目標の各項目ごとに、2015年までに達成すべき具体的な数値目標が設定され、その実現を公約している。MDGs(エムディージーズ)(Millennium Development Goals)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミレニアム開発目標【ミレニアムかいはつもくひょう】

2000年に開催された国連ミレニアム・サミットは国連ミレニアム宣言を採択した。この宣言に1990年代の主要会議や主要国首脳会議で採択された開発目標を統合し,ミレニアム開発目標が示された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミレニアム開発目標
みれにあむかいはつもくひょう
millennium development goals

2000年に開催された国連ミレニアム・サミットで採択された21世紀の国際社会の目標。MDGsともよばれる。貧困や飢餓の撲滅、感染症対策など八つの目標(ゴール)と、ゴールそれぞれについて具体的なターゲットを掲げ、1990年を基準年として2015年までに達成すべき数値目標を示したものもある。国連は実現に向け先進国にODA政府開発援助)の負担増を求めているが、日本やアメリカなどが基準を下回っており、目標中間年である2008年時点では、アフリカサハラ砂漠以南にある最貧国などの目標達成が困難とみられている。
 2000年9月にニューヨークで開かれた国連ミレニアム・サミットで加盟189か国は国連ミレニアム宣言を採択。これに1990年代の主要会議や主要国首脳会議(サミット)で採択された開発目標を統合し、ミレニアム開発目標とした。八つの目標は(1)極度の貧困と飢餓の撲滅、(2)初等教育の完全普及の達成、(3)ジェンダーの平等推進と女性の地位向上、(4)乳幼児死亡率の削減、(5)妊産婦の健康の改善、(6)エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延(まんえん)の防止、(7)環境の持続可能性の確保、(8)開発のためのグローバルなパートナーシップの推進。そしてこれらの目標について、具体的なターゲットとして、たとえば2015年までに1日1ドル未満で生活する人口の割合を1990年の水準より半減、5歳児未満の死亡率を1990年の水準より3分の1に削減、妊産婦の死亡率を1990年の水準より4分の1に削減、安全な飲料水および衛生施設を継続的に利用できない人々の割合の半減などを示している。
 目標達成のため、国連は国民総所得(GNI)の0.7%をODAにあてるよう先進国に求めている。2007年時点でノルウェー(0.95%)、スウェーデン(0.93%)などは基準をクリアしているが、日本は0.17%、アメリカは0.16%にとどまっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミレニアム開発目標の関連キーワードニューヨークカットニューヨークタイムズニューヨークシティハーフマラソンニューヨーク・ニューヨークニューヨーク・ニューヨーク・ウルトラライトニューヨーク・ニューヨーク・フルフレーバーニューヨーク・ニューヨーク・メンソールニューヨーク・ニューヨーク・メンソール・ライトニューヨークニューヨーク・ワンニューヨーク(NY)ダウ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミレニアム開発目標の関連情報