ムクノキ

百科事典マイペディアの解説

ムクノキ

ニレ科の落葉高木。本州(関東以西)〜九州,東アジアの山野にはえ,人家などにも植えられる。老木樹皮は鱗片状にはがれる。葉は卵形で表面がざらつき,先はとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)がある。雌雄同株。5月,葉と同時に緑色の花を開く。雄花は新枝の下部に集まり,雌花は上部につく。果実は卵状球形で,10月紫黒色に熟す。材は割れにくく建材,器具,野球用バット,枝をノリそだ等とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムクノキ
むくのき / 椋
[学]Aphananthe aspera (Bl.) Planch.

ニレ科の落葉高木。高さ20メートル、径1メートルに達する。樹皮は灰褐色、枝は横に広がる。葉は互生し、卵形または長卵形で長さ5~8センチメートル、基部は幾分非相称。縁(へり)にとがる鋸歯(きょし)があり、基部で3本に合着する6~8対の葉脈は、まっすぐ鋸歯の先端に達する。5月、淡緑色花を開く。雄花は当年枝の下部に集散状につき、花被(かひ)は5枚、雄しべは5本。雌花は枝の上方に1、2個つき、花被は5枚で花柱は2裂する。果実は卵状球形で径1.2センチメートル、同年秋、紫黒色に熟し、食べられる。低山地に生え、関東地方以西の本州から九州、および朝鮮半島、中国中部、南部に分布する。名は、茂(も)くの意味で、よく茂ることからいう。一般に椋の字をあてるが、誤りだといわれる。材は床柱、器具、建築、船舶材などに用い、葉は角(つの)細工の研摩材に利用する。[伊藤浩司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムクノキの関連情報