コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムスタファー・カーミル Muṣtafā Kāmil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムスタファー・カーミル
Muṣtafā Kāmil

[生]1874. カイロ
[没]1908.2.10. カイロ
エジプトの民族主義思想家,政治家。フランス留学ののち,1891年頃からカイロで民族主義を説いて反英活動を指導した。新聞『アル・リワー (旗) 』を創刊して政治評論を行う一方で,雑誌『イスラム世界』でヨーロッパのイスラム学を紹介し,近代社会でのイスラムのあり方を追究した。 1907年に親英派の革新党に対抗して「国民党」を組織したが,翌年 34歳の若さで病死した。その葬儀には多数のカイロ市民が参列した。彼の遺志を継いでカイロ大学が創立された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ムスタファー・カーミル

エジプトの民族主義者。1891年カイロの法律学校を卒業してパリに遊学。帰国後,アフマド・アラービー大佐の指導した外国支配の排除をめざすアラービー運動の挫折で低迷していた民族運動再建に尽力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムスタファー・カーミル
むすたふぁーかーみる
Muaf Kmil
(1874―1908)

近代エジプトの民族主義者。アラービーの反乱(1879~1882)がイギリスの武力介入によって挫折(ざせつ)したのち、エジプト民族主義運動は下火となり、イギリス総領事クローマー卿(きょう)のもとでエジプトの実質的植民地化が進行した。こうした時代環境にあって、フランス留学中に反英サークルに参加、1895年のエジプト帰国後、国民党(アル・ヒズブ・アル・ワタニー)を結成、その政治信条の宣伝手段として日刊紙『リワー』(旗)を創刊(1900)することによって、エジプト民族主義運動を再組織し、エジプト独立運動の旗手となった。日露戦争(1904~1905)における日本の勝利に際して、極東の国、日本との連帯をうたい上げた著作『東方の太陽』は有名である。34歳の若さで死亡したが、彼の主張はムハンマド・ファリードに受け継がれたのち、第一次世界大戦後の国民的独立運動であるワフド党運動として結実した。[加藤 博]
『護雅夫著『イスラム世界近代化の歩み』(『講座 東洋思想7 イスラムの思想』所収・1967・東京大学出版会) ▽アンワール・アブデルマレク著、熊田亨訳『民族と革命』(1977・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ムスタファー・カーミルの関連キーワードクローマー伯イスラム革新党国民党

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android