コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハンマド・アリー Muḥammad ‘Alī

世界大百科事典 第2版の解説

ムハンマド・アリー【Muḥammad ‘Alī】

1769‐1849
エジプト総督,ムハンマド・アリー朝の創立者。在位1805‐48年。マケドニア地方の都市カワーラに生まれた。出自は定かではないが,アルバニア系といわれる。1801年ナポレオンのエジプト占領時に,オスマン帝国によってアルバニア人傭兵隊将校としてエジプトに派遣された。ナポレオン退却後の政局混乱に乗じて頭角を現し,05年ウラマー,カイロ市民の支持を背景に総督(ワーリー)に任命され,オスマン帝国もこれを追認した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のムハンマド・アリーの言及

【エジプト】より

…【佐藤 次高】
【近代】
 18世紀のエジプトは,オスマン帝国の支配のもとに実質的にはマムルークの将領たちが実権を握って党争を続けており,他方国際商業と結びついた農工業の商品生産が展開しつつあったが,1798‐1801年のナポレオン軍の侵略・占領は,オスマン帝国とマムルーク軍を粉砕してこの構造の変容の道を開いた。フランス軍撤退後の混乱期には,カイロのウラマーや商人の一部が大衆を武装させて一種のコミューンを形づくり,1805年には,これに接近してきたオスマン帝国軍のアルバニア人傭兵隊長ムハンマド・アリーを総督(ワーリー)に擁立して,帝国政府にこれを認めさせた(ムハンマド・アリー朝の成立)。 ムハンマド・アリー(在位1805‐48)は,権力を握ると,カイロの市民勢力を分裂させてこれを武装解除し,他方残存するマムルーク勢力を虐殺して,国の再編成に乗り出した。…

【シリア】より

…巡礼行路の安全を確保するのはオスマン中央政府の威信にかかわる問題であり,エジプトのマムルーク勢力に討伐を命ずると,恭順を装いながら好機を狙っていた彼らマムルークは勇躍する。なかでもナポレオンのエジプト侵略のときに討伐軍として派遣され,以後エジプトの実権をにぎったムハンマド・アリーは,ワッハーブ撃退にも勲功をあげ,そのままシリアに居座りを試みる(1833)。しかし農民蜂起と西欧列強の介入で撤退を余儀なくされた(1841)。…

【ナイル[川]】より

…これを水源として確証したのはスコットランドの探検家ジェームズ・ブルースで1770年10月のことである。 1820年,エジプト総督ムハンマド・アリーはナイル水系調査隊を派遣し,隊は白ナイルと青ナイルの合流点ハルツームまでを調査した。さらに同総督は1839年から42年にかけて3回にわたって調査隊を派遣した。…

※「ムハンマド・アリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムハンマド・アリーの関連キーワードウンキアル・スケレッシ条約ウンキャル・スケレッシ条約コカンド・ハン(浩罕汗)国アッバース・ヒルミー2世イスマーイール・パシャイブラーヒーム・パシャイスマーイール・パシャシュブラーアルヘイマエジプト=トルコ戦争ムハンマド・アリー朝ファールーク[1世]エジプト・トルコ戦争ムハンマド・アリーサード・ザグルールカーシム・アミーンメフメット・アリージンナー生誕記念日アーミン カーシムサイード・パシャサイード・パシャ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android