メガラ(ギリシア神話)(読み)めがら(英語表記)Megarā

  • ギリシア神話

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギリシア神話でヘラクレスの妻。オルコメノスのミニアイ人は、以前からテバイ(テーベ)に朝貢を強いていたが、ヘラクレスがミニアイ人を破ってこの義務からテバイを解放した。これに感謝して、テバイ王クレオンは娘のメガラを妻として彼に与える。メガラは、ヘラクレスとの間に何人かの子(その数は3人から8人までと一定しない)をもうけるが、彼らはヘラの送った狂気に突如取り憑(つ)かれたヘラクレスに殺される。このときにメガラも殺されたとする説と、生き延びて、ヘラクレスの甥(おい)イオラオスに再嫁させられたとする説がある。

[中務哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android