コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガラ学派 メガラガクハ

世界大百科事典 第2版の解説

メガラがくは【メガラ学派】

メガラのエウクレイデスによって創始されたギリシア哲学の一派。パルメニデスエレアゼノン,ソクラテスの影響を強く受け,一元論的,観想的哲学を展開した。数学を重んじ,弁証法論理学の発達に貢献した。特に弁論に長じていたので,この派の人々は〈弁証家〉〈争論家〉と呼ばれ,エウブリデスEuboulidēs,ディオドロス・クロノスDiodōros Kronos,スティルポンStilpōnといった哲学者の名が知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

メガラがくは【メガラ学派】

メガラのエウクレイデスを創始者とする、小ソクラテス学派の一。ソクラテスの倫理学とエレア学派の存在論との結合をめざして反対者と論争を展開、弁証家・争論家と呼ばれた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メガラ学派
めがらがくは
Megarian school

紀元前4世紀のギリシアの哲学の一派。小ソクラテス学派の一つ。メガラのエウクレイデスが開いた。彼はただ一つ善なるものが存在するという、エレア派的な説をなしたらしいが、同時に詭弁(きべん)的論駁(ろんばく)を得意とした。そのため別名を「争論派」ともよばれる。この派から、「嘘(うそ)つきのパラドックス」(エピメニデスの嘘)ほかの論理的難問を案出したエウブリデス、その弟子ディオドーロス・クロノス、この派の評判をもっとも高めたというスティルポンなどが出た。彼らはプラトンやアリストテレスの哲学説に対して、さまざまな論理的批判を加えたらしい。またディオドーロスとスティルポンは、ストア学派の創立者のゼノンに問答法を教えた師として知られる。メガラ派の意義は、その論理がストア学派に継承され整備されて、新しい論理学を生み出した点にある。それは、述語(名辞)の関係を対象としたアリストテレスの論理学と異なり、命題と命題の関係を扱う命題論理学であった。[田中享英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のメガラ学派の言及

【エウクレイデス[メガラの]】より

…ソクラテスの友人でメガラ学派を創立したギリシアの哲学者,数学者。《ストイケイア》の著者は同名であるが,別人。…

※「メガラ学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メガラ学派の関連キーワードエウクレイデス(古代ギリシア哲学者)エウクレイデス[メガラの]ギリシア哲学史(年表)ゼノン[キプロスの]アリストテレス倫理学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android