コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガー メガー megger

5件 の用語解説(メガーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

メガー(megger)

非常に高い電気抵抗を測る絶縁抵抗計。もと商品名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メガー

絶縁抵抗計とも。電気機器,部品などの絶縁抵抗を測定する計器。元来は発電機式絶縁抵抗計の商品名だが,現在では絶縁抵抗計の一般名として使われている。発電式は,手回し式発電機で発生させた電圧を被測定物にかけ,発電電圧に比例する電流と絶縁物を流れる電流を二つのコイルに加え,コイルの振れから絶縁抵抗値を読みとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メガー【megger】

電気機器,部品,設備などの絶縁抵抗を測定する計器。電気設備の設置,保守,点検,試験に多く用いられる。発電機式絶縁抵抗計につけられた商品名が一般化したものである。JISによれば,発電機式絶縁抵抗計,電池式絶縁抵抗計,高絶縁抵抗計に分類される。許容差は有効測定範囲で±5%である。発電機式は,手回し発電機によって発電,これを被測定物に印加,発電電圧に比例する電流と絶縁物を流れる電流を可動コイル形比率計の二つの可動コイルに加えることにより電圧電流の比である絶縁抵抗を指示させるものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガー
メガー

絶縁抵抗計」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メガー
めがー
megger

電気材料の5000メガオーム程度以下の高抵抗あるいは絶縁抵抗を測定するための携帯用計器の一般名。JIS(ジス)(日本工業規格)では絶縁抵抗計と称するが、かつてつくられたこの種の計器のなかでアメリカのエバーシェッドによって設計製作されたこのものがもっとも著名であり、またよく使用されたので一般名化した。
 原理は可動コイル比率計型抵抗計を応用したもので、電源が手回しの内蔵磁石発電機のものと、乾電池とトランジスタ式の直流コンバーターとを利用したものとがある。また、電子回路と可動コイル型を組み合わせたものもある。
 電流コイルIは普通の可動コイル型計器のそれと同じで、電圧コイルVは環状鉄を突き抜けて回るようになっている。未知抵抗を接続する端子EとLになにも接続されていないと、定速回転用遠心クラッチ付き発電機Mによって発生した電圧による電流は、電圧コイルV(電源に並列)にのみ流れ、コイルは鉄心のエアギャップの位置に静止し、指針は∞を指示する。次に、EとLの間に未知抵抗を接続すると、未知抵抗Xを通じて電流コイルI(電源に直列)にも電流が流れ、それによるトルクと電圧コイルによるトルクが平衡する位置で指針が静止し、未知抵抗の値を知ることができる。このように可動機構は、電圧/電流=抵抗の関数として動くが、抵抗値(オーム)で目盛った目盛りは、ほぼ対数目盛りに近くなっている。[山崎修快]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメガーの言及

【オーム計】より

…一定交流電流を加えた場合の電圧を増幅指示させ,mΩオーダーの低抵抗を測るものをミリオームメーター,接点の接触抵抗を測定するものを接点抵抗計と呼ぶ。電線,回路の絶縁抵抗の測定には,磁石発電機と比率計形計器を用いたメガー(絶縁抵抗計),電池を内蔵した電池式絶縁抵抗計がある。さらに高い抵抗(108~1014Ω)の測定には,安定化直流高圧電源と直流増幅器を併用した超高抵抗計(超絶縁計,テラオームメーターとも呼ばれる)が用いられる。…

※「メガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メガーの関連キーワードJATE絶縁抵抗計電位計漏電絶縁抵抗直列オイルペーパー電池式絶縁抵抗計発電機式絶縁抵抗計林フェルト

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メガーの関連情報