コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メソアメリカ

世界大百科事典 第2版の解説

メソアメリカ【Mesoamerica】

アメリカ大陸における先スペイン時代の二大古代文明圏のうち,中米のそれをメソアメリカという。キルヒホフPaul Kirchhoff(1909‐72)によって1943年に提唱され一般化しつつある名称。地理的な範囲としては,メキシコの北部を除いた全域,グアテマラ,ベリーズ,エルサルバドルの全域,ホンジュラス,ニカラグア,コスタリカの西側部分を含む地域を指す。 この地域に人類が最初に足跡を残したのは,前2万年ころとされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のメソアメリカの言及

【アメリカ】より

…南アメリカ大陸のアマゾン,オリノコ低地においては,それとは別系統のマニオク等の根菜栽培に基礎をおく熱帯焼畑農耕が発達した。農耕地帯の中で,メキシコおよびそれ以南の中央アメリカの一部を含むいわゆるメソアメリカと,中央アンデスにおいては,前1000年前後から大きな宗教文明が興り,大神殿を中心に多数の農村共同体が結合される大規模社会が出現した。メソアメリカ地域においては後1千年紀の間に,メキシコのテオティワカン,エル・タヒン,モンテ・アルバンおよびマヤの諸神殿のような祭祀センターが成立し,中央アンデスにおいても,ペルーのモチェ,ナスカ文化,ボリビアのティアワナコ文化などの文明が興った。…

【アメリカ・インディアン】より

…新大陸の多様な風土のもとで独自の文化発展をたどった。メソアメリカとアンデス地帯の原住民は,トウモロコシ,マメ類,カボチャ類を主体とする農耕体系の基盤の上に古代文明を築いていたが,それ以外の南・北両アメリカ各地の原住民は,農耕段階か採集狩猟段階にとどまっていた。
【起源と文化発展】
 インディアンの祖先がユーラシアから新大陸に渡来したのは上部洪積世後期のことである。…

【トウモロコシ(玉蜀黍)】より

…その起源については祖先種が未確定なので明らかではない。しかし,起源地は近縁野生種や原始的な品種の存在,品種の多様性などの点から,メソアメリカもしくはアンデス地域のいずれかであるとされる。考古学的に知られているトウモロコシに関する最も古い証拠は,メキシコで発掘された約7000年前のものと推定される,長さ約2.5cm,50~60粒の種子をつけた穂軸である。…

※「メソアメリカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

メソアメリカの関連キーワードオアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟カンペチェ州、カラクムールの古代マヤ都市ジョージ・C. ベイラントメキシコ国立人類学博物館古代都市テオティワカンプレ・コロンビア美術ラテン・アメリカ美術コロンビアの古代文化コスタリカの古代文化カリブ海の古代文化サン・アグスティンテオティワカン文化モンテ・アルバンメリケンカルカヤコツマルワパ文化ウッドランド文化メソアメリカ文明テオティワカンミシシッピ文化トルテカ文化

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android