コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メナボ Menabò

2件 の用語解説(メナボの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

メナボ【Menabò】

イタリアの文学雑誌。E.ビットリーニI.カルビーノと連携して,1959年に,トリノエイナウディ社から創刊した。ビットリーニは総合文化雑誌《ポリテークニコ》(1945‐47)と文学叢書《ジェットーニ》(1951‐58)の編集を通じて,ファシズムレジスタンスを経た戦後のイタリア社会における文学や文化の責務を問いつづけてきたが,60年代を目前にして,高度産業化社会および国際化社会における新しい文学の責務を追究すべきことを痛感し,その拠点として,《メナボ》誌の発刊に踏み切った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メナボ
めなぼ
Il Menab

現代イタリア文学の年刊誌。1959年、ビットリーニがカルビーノとともに創刊。イタリア社会の変貌(へんぼう)と前衛文学との緊張関係を、ヨーロッパの諸文化運動と連関させながら、年々、総括し、かつ未来を先取りする形で刊行した。「文学と産業」「歴史叙述としての文学」「文学と映画」等々の特集に社会的責務を果たし、真に前衛的な編集方針の一端がうかがわれる。ガッダ、ダッリーゴ、マストロナルディらの大作の一部を発掘、紹介し、エンツェンスベルガー、バルトらの先鋭な論文を収録し、また、反体制的な実験文学者サングイネーティ、バレストリーニ、パラアラーニ、エーコらを世に送り出したりした。しかし、67年の第10号「ビットリーニ追悼」特集をもって終刊した。出版元はトリノのエイナウディ社。[河島英昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメナボの言及

【ビットリーニ】より

…だが,〈政治と文化〉をめぐる論争のうちに共産党との亀裂を深め,同誌は47年末に廃刊。以後のビットリーニは,政治的・社会的状況をつねに視野に収めつつ,さらに強固に文学に依拠する姿勢をとり,《ジェットーニ叢書》(1951‐59)および《メナボ》誌(1959‐66)の編集主幹として新しい作家の発掘に努めながら,文学の責務を問い続けた。一方で長編小説《メッシナの女たち》(1949,決定版1964)その他の創作も手がけたが,さらに自選の評論集《公開日記》(1957)は,彼の思想の軌跡をたどるうえできわめて重要な意味を担っている。…

※「メナボ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メナボの関連キーワードパピーニマンゾーニイタリアンサルデーニャ王国トラットリアトリアッティ黒シャツ隊ビットリオエマヌエレ二世記念堂シビックカントリービクトリービット (Victory Bit)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone