コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メニエール病 メニエールビョウ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

メニエール病

ぐるぐる回る激しい回転性のめまいが10分~数時間続くのが特徴。難聴や耳鳴りも伴う。患者は、内耳が水ぶくれのような状態になっている。詳しい原因はわかっていない。国内の患者は4万~5万人。 <腰部脊柱管狭窄症> 加齢とともに背骨が変形したり、椎間板(ついかんばん)が膨らんだりし、神経の通る脊柱管が狭くなって神経が圧迫されることで発症する。歩いていると、太ももやひざから下にしびれや痛みが出て、前かがみになったり腰掛けたりするとそれが軽くなるのが特徴。60代以上に多い。

(2015-02-24 朝日新聞 朝刊 東特集F)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

メニエール病【メニエールびょう】

発作的なめまいが,耳鳴り難聴などの耳症状と合併して起こる病気。1861年フランスの耳鼻科医P.メニエール〔1799-1862〕が内耳出血による病気として発見したのでこの名がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

家庭医学館の解説

めにえーるびょう【メニエール病 M[1-09-63-1]ni[1-09-62-1]re's Disease】

◎文明病の1つ
[どんな病気か]
[症状]
[原因]
[検査と診断]
[治療]
◎ストレスを減らし、蓄えない
[予防]

[どんな病気か]
 自発性で、突発的な、反復しておこる激しいめまい発作(ほっさ)に、蝸牛(かぎゅう)症状(耳閉塞感(じへいそくかん)、耳鳴(みみな)り、難聴(なんちょう)など)をともなう内耳性(ないじせい)のめまい疾患です。
 脳神経(のうしんけい)の病気でも似た症状がおこりますが、メニエール病では、意識消失、手足のしびれなどの脳神経症状はなく、直接生命にかかわることはありません。
 病気になりやすい人 メニエール病は、文明の発達した地域で高率に発症し未開発地域では発症が少ないことから、文明病の1つと考えられています。
 日本でも、第二次世界大戦以前はほとんど発症がありませんでしたが、戦後、急激に増加してきました。
 現在の日本の有病率は、人口10万人に対して16~17人くらいです。
 男女差も時代によってちがい、昭和30年代には男性に多く発症していましたが、徐々に発生率に男女差がなくなって欧米並みとなり、最近では、女性のほうがやや多くなっています。
 はたらき盛りの40~50歳代での発症が多く、男性は40歳代、女性は30歳代に発症のピークがあります。しかし、近年、60~70歳の高齢者の発症も増えてきています。

[症状]
 必ずおこるのはめまい発作で、これに蝸牛症状をともなうことがほとんどです。
●めまい
 めまいは、内耳の機能障害によっておこります。突然、回転性のめまい(自分自身または周囲がグルグル回る)が自発的におこります。
 めまいの性質は、発作の時期によって異なり、回転性だったり、浮動感(ふどうかん)、動揺感(どうようかん)、からだの沈む感じや傾く感じなど多彩です。
 めまいの持続時間は、1時間から6時間以内のことが多く、最初の数分から数時間は、非常に強い回転性のめまいが続きます。
 発作は、1回だけのこともありますが、多くは、再発をくり返します。
 発作の反復は、時間単位、週単位、月単位、年単位といろいろですが、発症初期は、週1回(23%)から月1回(22%)の高頻度でおこります。
 また、回転性めまいをおこす大きな発作の間にも浮動感、動揺感などの小さな発作が反復します。
●蝸牛症状(かぎゅうしょうじょう)
 蝸牛症状は、耳鳴り74%、難聴61%、耳閉(塞)感31%、音響感(おんきょうかん)(音が異常に強く響く感じ)11%という頻度で、めまい発作にともないます。
 難聴は、片側におこることが多く、低音部(125~250ヘルツ)から中音部(500~2000ヘルツ)にかけて障害が強い内耳性感音難聴(ないじせいかんおんなんちょう)です。耳鳴りや難聴は、めまいが治まると発作前に近い状態にまで回復しますが、頻回に発作をくり返すうちに、難聴は回復しなくなります。また、発作のおこっていない時期でも、聴覚の程度が変動します。
●その他の症状
 発作時には吐(は)き気(け)・嘔吐(おうと)(67%)、頭痛、頭重感(ずじゅうかん)、肩こり、くびのこりなどの自律神経症状(じりつしんけいしょうじょう)をともないます。

[原因]
 内耳は、側頭骨(そくとうこつ)というかたい骨に囲まれ、入り組んだ骨の管の中にあって、迷路(めいろ)とも呼ばれます。
 内耳には、音をつかさどる感覚細胞(かんかくさいぼう)を入れた蝸牛と、平衡(へいこう)感覚をつかさどる感覚細胞を入れた前庭(ぜんてい)とがあります。これらの感覚細胞は、薄い膜(まく)によって迷路の骨の管と隔てられています。骨と膜との間は外(がい)リンパ、膜の内部は内(ない)リンパという液で満たされていて、感覚細胞は内リンパの中に存在します。
 メニエール病は、内(ない)リンパ水腫(すいしゅ)(内耳の水ぶくれの状態)によっておこります。
 内リンパ水腫がおこると急激に内リンパ圧が上昇し、その変動が蝸牛から前庭へと波及して難聴やめまいがおこると考えられています。
 内リンパ水腫は、内リンパの産生過剰や循環障害、または吸収障害でおこると考えられていますが、確かなことはまだ不明です。

[検査と診断]
 耳鳴り、難聴、耳閉(塞)感をともなうめまい発作がくり返しおこる典型的なケースであれば、診断は容易です。
 しかし、発作が初めての場合や典型的な症状を示さない場合は、聴力検査と平衡機能検査がたいせつになります。
●聴力検査
 メニエール病の場合は、中音部より低い音域に障害がおこる低音障害型の感音難聴(「伝音難聴と感音難聴」)が特徴です。
 低音障害型感音難聴がおこっても聞こえの悪さに気づかないことが多く、耳閉(塞)感や耳鳴りがおもな訴えになりますが、聴力検査を行なうと低音障害型の感音難聴が認められます。
 発作直後から聴力検査を続けていくと、時間の経過とともに聴力は徐々に回復していき、発作前の聴力に戻るほか、耳閉(塞)感、耳鳴りも消失するか軽減します。しかし、発作をくり返すうちに聴力は進行性に低下していき、難聴が全音域におよびます。
 メニエール病の診断を確定するには、内リンパ水腫の存在を調べるグリセロール試験という検査が行なわれます。
 これは、グリセロールという浸透圧利尿薬(しんとうあつりにょうやく)を内服し、内服前と内服後1時間・2時間・3時間の聴力を調べて比較する検査です。
 内リンパ水腫が存在する場合は、利尿薬の作用で内リンパ水腫が消退し、内服後の聞こえがよくなります。
●平衡機能検査
 この検査を行なうと、内耳障害が原因の平衡機能障害は見つかりますが、メニエール病特有の所見は現われません。平衡障害は発作がおこっているときにもっとも強く、発作が治まるにつれて消失していきます。

[治療]
 発作をおこしたときの治療と発作をおこしていないときの治療とがあります。
●発作をおこしたときの治療
 発作をおこしたときは、激しい回転性のめまいと吐き気・嘔吐などの自律神経症状が強いので、安静を保つことがもっともたいせつです。
 そして、自律神経を安定させるために鎮静薬(ちんせいやく)、鎮吐薬(ちんとやく)(吐き気止め)、鎮暈剤(ちんうんざい)(めまい止め)などを服用します。
●発作のおこっていないときの治療
 内リンパ水腫が発生しないように浸透圧利尿薬を服用します。薬物療法によって多く(80%)は発作の予防などのコントロールが可能です。
 発作をたびたびくり返したり、急速に聴力が悪化する場合は、手術(内リンパ嚢減荷術(のうげんかじゅつ))が必要になります。

[予防]
 メニエール病は、文明病、ストレス病の代表格と考えられています。肉体的・精神的なストレスが引き金となって発作がおこります。ストレスを減らし、ため込まないことが必要です。適度な運動と十分な睡眠が発作を予防します。
 また、内リンパ水腫を誘発させないために、必要以上の水分を飲まないようにし、塩分の摂取(せっしゅ)もなるべく減らすことが必要です。酒類、たばこ、コーヒーなどは発作を誘発しやすいといわれているので、避けるべきです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

食の医学館の解説

めにえーるびょう【メニエール病】

《どんな病気か?》


〈内リンパ水腫が原因で突然のめまい発作が起こる〉
 メニエール病は、突然起こるはげしいめまい発作(ほっさ)に(「めまい」参照)、耳閉塞感(じへいそくかん)、耳鳴(みみな)り、難聴(なんちょう)といった症状をともなう内耳性(ないじせい)のめまい疾患です。
 発作が起こったときには、吐(は)き気(け)、嘔吐(おうと)、頭痛、頭重感(ずじゅうかん)、肩こり、首のこりなどの自律神経症状をともないます。
 文明病の1つといわれ、日本でも戦後、急激に発症が増加しました。現在の有病率は、10万人に15~18人の割合です。
 原因は、内耳の中が水ぶくれの状態になる「内(ない)リンパ水腫(すいしゅ)」です。内リンパ水腫が起こると、急激に内耳内の圧力が高まり、その影響で難聴やめまいが起こるのです。
 文明病、ストレス病の代表格と考えられているこの病気は、肉体的・精神的なストレスが引き金となります。発作の予防には、ストレスを減らし、ためこまないことがたいせつです。

《関連する食品》


〈ビタミンC、E、B1、カルシウムなどが有効〉
○栄養成分としての働きから
 メニエール病に有効に働く成分としてはビタミンC、E、B1、カルシウム、マグネシウム、ギンコライドなどがあります。
 ビタミンCは抗ストレスホルモンの生成をうながし、ビタミンEはストレスへの抵抗力を高めるとともに血行をよくする効果があります。ビタミンB1はエネルギー代謝に欠かせない成分です。カルシウムやマグネシウムは神経細胞の働きを支えている成分で、ギンコライドは血行を促進する効果があります。
 カボチャやホウレンソウ、ブロッコリーはビタミンCとEの両方を、ウナギ、ピーナッツはビタミンB1とEをそれぞれ含んでいます。
 カルシウムやマグネシウムを含むゴマや、ビタミンEとカルシウムを含むイワシ、カルシウムと各種ビタミンを含む牛乳も有効です。
 カモミールなど、血行促進・鎮静作用のあるハーブを使ったハーブティーを飲むのもいいでしょう。
○注意すべきこと
 ただし、内リンパ水腫を誘発させないためには、水分のとりすぎに注意する必要があることもあります。また、水分代謝が悪くならないためには、塩分の摂取もなるべく減らしましょう。
 酒類、タバコ、コーヒーなどは発作を誘発しやすいといわれているので、避けたほうが無難です。

出典 小学館食の医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メニエールびょう【メニエール病 Ménière’s disease】

くりかえすめまい発作に,耳鳴り,耳閉感,難聴を伴う内耳の病気をいう。メニエール病の名は,1861年フランスの医師メニエールProsper Ménière(1799‐1862)が,くりかえすめまいに耳鳴り,難聴を伴った患者を解剖した結果,これが脳の病気ではなくて,内耳の病的変化が原因であることを発表したことに由来する。それ以来,めまいを訴える患者に対して,メニエール症候群とかメニエール病という診断がつけられるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

メニエールびょう【メニエール病】

〔フランスの医師メニエール(P. Ménière1801~1862)の名から〕
悪心・嘔吐・めまい・耳鳴り・難聴が発作的に起き反復する慢性の内耳疾患。内耳の血行障害や自律神経障害などにより起こる。メニエール症候群。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

メニエール病

内耳疾患の一つ。厚生労働省指定の特定疾患で、内耳が水ぶくれ状態になること(内リンパ水腫)により、難聴、耳鳴りなどの聴覚症状を伴うめまい発作を反復して起こすもの。めまいは、前ぶれなく突然周囲が激しく回るように感じる回転性のものであり、数十分から数時間持続して、吐き気や嘔吐(おうと)などの症状を伴う。生命の危険はないが、何度も発作を繰り返すと症状が進行し、難聴も進むことが多い。罹患(りかん)率は人口10万人当たり15人~46人とされており、30代後半から40代前半の女性に多い。急性期の治療には抗めまい・鎮吐・鎮静のための薬物投与などが行われ、発作が治まった後の間欠期には、予防策として、生活指導や内耳循環薬・ビタミン剤などの投与が行われる。場合により、内リンパ嚢開放術などの手術が行われることもある。

(2014-11-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メニエール病
めにえーるびょう

原因不明の内リンパ水腫(すいしゅ)に起因する、めまい、耳鳴り、難聴の三症状をもつ疾患をいう。フランスの耳鼻科医メニエールProsper Mnire(1799―1862)が1861年に発作性めまいに耳鳴りと難聴を伴っている内耳の疾患を発表して以来、めまい、耳鳴り、難聴の三症状をもつ疾患をメニエール症候群とよんできた。しかし、これには種々の疾患があることが明らかになり、メニエール症候群という名称はしだいに使用されなくなってきた。そのなかで、内耳の中に存在する内リンパ液の圧が高くなること(内リンパ水腫)に起因する疾患のみを、メニエール病という。内リンパ液の圧が高くなる原因については、体内の電解質調節障害説、水分代謝障害説、塩分貯留説、アレルギー説、交感神経過敏による血管収縮説など多くの原因要素が提起されてきたが、まだ確定されていない。
 男性にやや多く、35歳から55歳までに発症することが多い。女性は男性よりもやや若い年齢でおこる。特別の誘因もなく突然、耳閉塞(じへいそく)感あるいは難聴と耳鳴りを伴った非常に激しいめまいがおこる。吐き気、ときには嘔吐(おうと)を伴うこともある。めまいは外界や自分の体が回転しているような感じのものが多いが、意識障害はなく、数分から数時間持続して激しいめまいはなくなるが、頭や体を動かすと短時間の軽いめまい感は数日残り、やがてすっかりなくなる。しかし、耳鳴りや難聴は回復することもあるが、残存あるいは進行することが多い。このようなめまい発作が反復しておこるのが特徴である。そのため、難聴はめまい発作のたびに増悪していく。難聴は内耳性の感音難聴である。その他の随伴症状としては、顔面蒼白(そうはく)、冷汗、心悸亢進(しんきこうしん)、頭重感、頭痛、肩こりのほか、精神の不安状態が著明なこともある。めまい発作などがない時期を間欠期あるいは休止期というが、患者はめまい発作がまたおこるのではないかと精神的に不安な状態であることが多い。
 診断は詳しい前庭(ぜんてい)機能検査と聴力検査によるが、他のめまいをおこす疾患との鑑別診断が必須(ひっす)である。
 治療は保存的療法が主であるが、症状がひどくて日常生活に影響が強いときや、疾患が両側の内耳におこって難聴の進行が強いときには手術療法が行われる。めまいの発作があるときには、部屋をすこし暗くして安静に横臥(おうが)させる。患者は意識が明瞭(めいりょう)なため、逆に非常に不安で興奮しているのが常である。しかし、メニエール病は生命の危険や難聴以外の後遺症はない疾患であり、そのことをよく納得させて不安焦燥を除くことがたいせつである。このためには精神安定剤や鎮静剤を使用しなければならないこともある。吐き気や嘔吐にはアトロピンなどの制吐剤を用いる。血管拡張剤が奏効することもある。発作が治まってからの間欠期には、精神的なストレスを避け、減塩などの食事療法、利尿剤や血管拡張剤などの投与が行われる。手術療法としては、過剰となった内リンパ液を除去する内リンパ減荷術、超音波や冷凍による内耳の部分的破壊術、機械的な内耳破壊術あるいは前庭神経切断術などがある。[河村正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメニエール病の言及

【三半規管】より

… このように三半規管は身体の平衡に深く関係しているため,ここが障害されると激しいめまいが起こってくる。その代表的な例がメニエール病である。内耳炎とか突発性難聴のような内耳が障害される病気の多くは,三半規管も同時に障害されて,激しいめまいを起こしてくる。…

【内耳】より

…中耳炎から内耳に炎症が及ぶと(内耳炎),難聴のほかにめまいが起こるが,これは平衡装置が影響されるためである。メニエール病も難聴のほか内耳性めまいを起こす代表的な病気である。【星野 知之】。…

【耳】より

…これによって急に高度難聴を起こし,また,めまいや平衡障害を伴うことがある。内耳梅毒ではメニエール病とほぼ同様の病状を示すことがある。 めまいを起こすものとしては,メニエール病がよく知られている。…

【めまい】より


[内耳の障害とめまい]
 これらのなかでも,とくに内耳は身体の平衡に深く関係しており,内耳に病気が起こると激しいめまいを感ずる。メニエール病は,内耳がむくむ(内リンパ水腫と呼ばれている)ために起こる病気と考えられているが,前庭三半規管と,音を感ずる蝸牛を含む内耳全体に異常が起こるため,めまいとともに耳鳴りとか難聴が起こる。健康な人では,両方の耳にある内耳が同じように働いて身体の平衡がうまく保たれている。…

※「メニエール病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メニエール病の関連キーワード脳、脊髄、神経系の主要な症状全身の病気と内耳の障害めまい(医学)めまい(眩暈)嘔吐(医学)突発性難聴三岸 節子回転性目眩悪心

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メニエール病の関連情報