コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メネリク2世 メネリクにせいMenelik II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メネリク2世
メネリクにせい
Menelik II

[生]1844.8.17. ショア
[没]1913.12.12/22. アジスアベバ
エチオピアの皇帝 (在位 1889~1913) 。 11歳で父王ハイレ・マラコットを失い,セオドール2世に監禁されていたが,1865年脱出し,みずからショアの王と宣言。しかしティグレの族長カッサには対抗できず,結局カッサが王位を継いでジオン4世 (在位 1872~89) となった。メネリクはその間勢力をたくわえ,ジオン4世の死後,王位についた。 95年 11月エチオピアを属国化しようとしたイタリアとの間に戦争が始ったが,メネリクはイタリア軍を破り,96年 10月のアジスアベバ条約でエチオピアの独立を確保した。 94~1908年ヨーロッパ列強間の角逐を巧みに利用して,イギリス,フランスとの間にも条約を結び,エチオピアと隣接地域との国境を画定し,近代国家としてのエチオピアの基礎を築いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

メネリク2世
Menelik Ⅱ


1844 - 1913
エチオピアの皇帝,政治家。
元・エチオピア皇帝。
1889〜1913年在位したエチオピアの皇帝。エチオピア中央部ショア王国の王家に生まれ、1865年ショア王となる。1889年スーダンとの戦いでヨハネス4世が戦死、皇帝となる。1896年イタリアと交戦、完勝し同年ソマリア領のオガデン地方を合併、ヨーロッパ列強のアフリカ分割期にエチオピアの統一と独立を固守、近代化政策を推進、1906年健康を害し事実上引退、’13年病死。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

メネリク2世

生年月日:1844年8月18日
エチオピアの皇帝(在位1889〜1913)
1913年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

メネリク2世の関連キーワードサイド・ムハンマドの乱聖ゲオルギウス大聖堂ハイレ・セラシエ1世エチオピア(国)ハイレ・セラシエハイレ・セラシエエチオピア戦争アドワの戦いエチオピア史オガデン戦争エリトリアエントト山アドゥワ生年月日ハラルケファ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android