コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メネリク2世 メネリクにせいMenelik II

2件 の用語解説(メネリク2世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メネリク2世
メネリクにせい
Menelik II

[生]1844.8.17. ショア
[没]1913.12.12/22. アジスアベバ
エチオピアの皇帝 (在位 1889~1913) 。 11歳で父王ハイレ・マラコットを失い,セオドール2世に監禁されていたが,1865年脱出し,みずからショアの王と宣言。しかしティグレの族長カッサには対抗できず,結局カッサが王位を継いでジオン4世 (在位 1872~89) となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

20世紀西洋人名事典の解説

メネリク2世
Menelik Ⅱ


1844 - 1913
エチオピアの皇帝,政治家。
元・エチオピア皇帝。
1889〜1913年在位したエチオピアの皇帝。エチオピア中央部ショア王国の王家に生まれ、1865年ショア王となる。1889年スーダンとの戦いでヨハネス4世が戦死、皇帝となる。1896年イタリアと交戦、完勝し同年ソマリア領のオガデン地方を合併、ヨーロッパ列強のアフリカ分割期にエチオピアの統一と独立を固守、近代化政策を推進、1906年健康を害し事実上引退、’13年病死。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
20世紀西洋人名事典について | 情報

メネリク2世の関連キーワード曲芸井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係米中関係新聞小説探偵小説

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone