コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メロドラマ melodrama

翻訳|melodrama

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メロドラマ
melodrama

18世紀の後半フランスに生れ,19世紀に欧米で流行した演劇の一形態。初め,音楽にのせてせりふを用いたためこの名がある。 R.ピクセレクール,A.コッツェブらがその代表的作者で,波乱万丈の恋愛物語を題材とし,善玉と悪玉が闘い,最後には善玉が勝ってめでたく幕というのが一般的なパターンであった。 19世紀には,音楽を用いなくても,この種の通俗劇をさすようになった。アメリカで大ヒットした『アンクル・トムの小屋』 (1852) などもメロドラマの構造を用いており,今日まで商業演劇の多くに受継がれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

メロドラマ(melodrama)

元来は、18世紀後半に西欧で発達した、音楽の伴奏が入る娯楽的な大衆演劇。今日では、恋愛を主なテーマとした通俗的、感傷的な演劇・映画・テレビドラマなどをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

メロドラマ

18世紀末フランスを中心に流行した音楽芝居が原義。J.J.ルソーの《ピグマリオン》(1775年)が最初とされる。19世紀初頭にかけて市民階級に迎えられたが,音楽的要素が衰退し,今日では大衆受けのする感傷的な作品のことをさす。
→関連項目ブールバール劇

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メロドラマ【melodrama】

英語のmelodramaという言葉は,フランス語mélodrame(メロドラム)の借入であり,J.J.ルソーが自作の《ピグマリオン》(1775)のなかで,人物の出入りに〈音楽の伴奏〉が入る形式の劇をそう呼んだのが初めとされる(なおmélo‐はギリシア語で〈歌〉を意味するmelosにさかのぼることができる)。つまり,この言葉はもともと劇の内容よりも,〈音楽入り〉という劇形式を指していたわけであったが,以下に見るように時代の変遷のなかで,しだいに劇形式よりも劇内容が,この言葉の意味を規定するようになっていく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

メロドラマ【melodrama】

〔メロスとドラマが結合した語で、元来は伴奏つきの簡単な所作劇〕
恋愛をテーマとした、感傷的・通俗的なドラマ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メロドラマ
めろどらま
melodrama

ギリシア語のメロスmelos(歌)とドラマdrama(劇)の合成語で、演劇の一ジャンルをさすが、時代や地域によって多様に使われてきた。18世紀後半からジャンルとして力をもち始めたが、当初ドイツではオペラのなかで音楽の伴奏がつく台詞(せりふ)(歌わない)の部分を、フランスでは登場人物が沈黙したときにその感情を音楽で表現する演劇をさしていた。しかしメロドラマが隆盛をみるようになったのは、ドイツ出身の劇作家アウグスト・コッツェブーがウィーンやペテルブルグで戯曲を次々に発表し始めてからである。彼の代表作『人間嫌いと後悔』(1789)ほかがイギリスやアメリカでも翻訳・上演され、イギリス、アメリカにおけるメロドラマ・ブームに火がつき、フランスにも劇作家ギルベール・ド・ピクセクールが現れると、彼の『ケリナ、または謎(なぞ)の子』(1800)ほかがやはりイギリス、アメリカで翻案され、メロドラマの流行に油を注いだ。
 メロドラマは誇張されたドラマであり、ヒーローとヒロインの前途に迫害する敵(かたき)役もしくは越えがたい障害が現れるというパターンが多く、善玉と悪玉とははっきり分かれている。またドラマ全体としては道徳的、感傷的、楽観的で、最後はハッピー・エンドになる。さらに、劇的効果を強めるための音楽の使用、スペクタクル性を高めるための大仕掛けの舞台装置など、映画が誕生するまでもっとも大衆的な娯楽媒体だった。事実、冒険活劇、犯罪実話、家庭悲劇、あるいは汽船の遭難、鉄道事故、大地震など19世紀メロドラマの題材は、テーマ音楽とともに映画のなかへと受け継がれていったのである。サイレント時代の映画ではグリフィスの長編映画にメロドラマ性が濃厚であり、トーキー時代では『風と共に去りぬ』(1939)、『哀愁』(1940)、日本映画では『愛染かつら』(1938~39)、『君の名は』(1953~54)などが有名。大衆の心をつかんだメロドラマも、その御都合主義、扇情性、通俗性、感傷性のため、現在では蔑称(べっしょう)として使われる場合が多くなってしまった。[岩本憲児]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメロドラマの言及

【イタリア演劇】より


[17~18世紀]
 知識人によって書かれたルネサンス喜劇は,反宗教改革の進行とともに衰退の道をたどり,かわってコメディア・デラルテに代表されるような民衆喜劇が主流を占めるようになった。同時にラウダや宗教劇に始まったオペラ的なものは,A.ポリツィアーノの《オルフェオ》を経て,16世紀には牧歌劇が発展整備され,やがて文学と音楽の関係がいっそう密になって,17世紀にかけてカバリPietro Francesco Cavalli,G.カッチーニC.モンテベルディなどの〈メロドラマ〉(オペラ)を生んだ。イタリア演劇ではこの〈メロドラマ〉が悲劇の役割を果たした。…

※「メロドラマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メロドラマの関連キーワードムーディ(William Vaughn Moody)ジェファーソン・ハワード サットンフィリップ・フランシス ノーランスウィート・エネミー 甘い媚薬ヘンリー・アーサー ジョーンズエンジェル 天使のような反逆者ウィリアム・クライ フィッチヴィーナス 時空を超えた愛アンドレア 愛と略奪の炎マリナ 恋に落ちた女神ブロンスン ハウアードガブリエル 不滅の愛コスチューム・プレイセカンド・チャンスフランク ヤービーロジャー コーマンディアナ 禁断の罠ジェーン・エアメタスタージオホールクロフト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メロドラマの関連情報