コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンデンホール メンデンホール Mendenhall, Thomas Corwin

8件 の用語解説(メンデンホールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メンデンホール
メンデンホール
Mendenhall, Thomas Corwin

[生]1841.10.4. ハノーバートン
[没]1924.3.22. オハイオラベンナ
アメリカ物理学者。オハイオ農業技術専門学校 (1877,州立大学と改称) 教授 (73~78) 。 1878~81年東京帝国大学で物理学を講義。田中館愛橘らを指導して,東京および富士山頂での重力測定などを行い,実習を通して日本の物理学の発展に大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メンデンホール(Thomas Corwin Mendenhall)

[1841~1924]米国の物理学者。明治初期の1878年から1881年にかけて、東京帝国大学の物理学講師として招かれ、富士山頂での重力測定、気象観測などを行った。日本における地球物理学教育の開設に貢献した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メンデンホール

米国の物理学者。1873年―1878年オハイオ大学教授。E.S.モースの推薦で1878年―1881年東京大学に招かれて物理学を講義。その間東京,富士山頂その他で重力を測定,地球の平均密度を算出。
→関連項目万有引力定数

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

メンデンホール Mendenhall, Thomas Corwin

1841-1924 アメリカの物理学者。
1841年10月4日生まれ。オハイオ州立大教授。明治11年(1878)モースの紹介により,東京大学物理学教授として来日。気象観測,富士山頂での重力測定など,地球物理学を研究・指導した。14年帰国。のちローズ工科大,ウースター工科大の学長。1924年3月22日死去。82歳。オハイオ州出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

メンデンホール

没年:1924.3.22(1924.3.22)
生年:1841.10.4
明治期に来日したお雇い外国人アメリカ人物理学者。オハイオ州生まれ。独学で物理学を修め,高校教師を経てオハイオ農工カレッジ(オハイオ州立大学)の教師に抜てきされた。東大の動物学教師モースが一時帰国して人選に当たり,その推薦で明治11(1878)年に来日し,14年まで東大理学部で物理学を教えた。帰国後,オハイオ州立大学教授に復帰し,その後ローズ工科大学,ウォルスター工科大学の学長を務めた。その間,日本からのアメリカ留学生に対して斡旋の労をとり,両国の交流に寄与した。44年の再来日時に勲2等に叙せられ,そのときの文部省の上申書には,帰国後の功労のほかに滞日中物理学の研究者の育成に力を尽くしたこと,日本における重力測定や気象観測をしたこと,特に富士山頂での重力と地球密度の測定において正確なデータを得たことなどが挙げられている。多数の学術論文を発表したが,そのなかの『電気学術之進歩』は邦訳されている。<参考文献>渡辺正雄『お雇い米国人科学教師』

(三好信浩)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

メンデンホール【Thomas Corwin Mendenhall】

1841‐1924
アメリカの物理学者。オハイオ州の生れ。独学で数学や物理学を修得した後,1年間だけ師範学校に学び,高校教師を経てオハイオ農工大学(オハイオ州立大学の前身)の数学と物理学の教授となる。1878年10月,E.S.モースの推薦で東京大学理学部の物理学担当の外国人教師として来日,富士山頂で重力測定や天文気象の観測を行い,日本に地球物理学が芽生える契機をつくった。また,本郷本富士町に竣工した東京大学理学部観象台の観測主任となって,79年1月から2年間気象観測に従事,地震頻発を考慮して,観象台への地震計設置を主張したり,日本地震学会の創立のために貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メンデンホール【Thomas Corwin Mendenhall】

1841~1924) アメリカの物理学者。1878(明治11)~81年滞日。東京大学で物理学を講ずるかたわら、富士山頂での重力測定、気象観測の指導などを行う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メンデンホール
めんでんほーる
Thomas Corwin Mendenhall
(1841―1924)

アメリカの物理学者、お雇い外人教師。オハイオ州ハノーバートンの近くに生まれ、ほとんど独学で物理、数学を修得した。高校教師となるが、その手腕を買われ、1873年に創立まもないオハイオ大学の工学および物理学の教授となった。1878年(明治11)東京大学の物理学講師として来日、富士山頂で重力の測定や気象観測を行い、また通俗科学講演により科学の普及に努めた。1881年に帰国し、オハイオ大学物理学教授、ローズ、ウースターの各工業大学総長などを歴任。また、海岸陸地測量局長として合衆国カナダの国境問題や国際度量衡問題にも尽力した。1911年(明治44)ふたたび来日し勲二等に叙せられた。1932年(昭和7)、1938年には彼の寄付によるメンデンホール記念賞帝国学士院に設けられた。[高橋智子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンデンホールの関連キーワードアビーフォックパーソンヒルハウスブラウンスエルドリッジゴッチェシャンドジュウェットチャプリン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メンデンホールの関連情報