コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンパ(門巴)族 メンパぞくMenba; Monba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メンパ(門巴)族
メンパぞく
Menba; Monba

中国,チベット自治区ブータン,インドの国境周辺に居住する少数民族。かつてチベット族の一部とされていたが,1960年代に中国政府から認定された。中国・インド国境のマクマホン・ライン以北の中国側地域に住む人口は約1万 2350 (1990) であるが,全体では約4万人といわれる。チベット語の方言であるメンパ語を用い,ラマ教を信仰。農耕を中心に林業牧畜狩猟生業とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

メンパ(門巴)族【メンパぞく】

中国,チベット自治区南東部の門隅地区に主に居住する民族。マクマホン・ライン以南のインド側にも分布。1964年の国勢調査の時に中国少数民族として公認されたが,これは当時の中印国境紛争の影響ともいわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android