コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モイーズ Moyes, Marcel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モイーズ
Moyes, Marcel

[生]1889.5.17. サンタムール
[没]1984.11.1. バーモント,ブラトルバラ
フランスのフルート奏者。パリ国立音楽院に学び,同音楽院交響楽団の首席奏者をつとめるかたわら,独奏室内楽の分野に活躍し,モイーズ三重奏団を組織した。また 1932年母校の教授に就任し,フランス最高のフルート奏者として後輩の指導にあたった。 73年初来日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

モイーズ

フランスのフルート奏者,音楽教師。現代フルート奏法の確立者として,20世紀のフルート界に多大の影響を与えた。パリ音楽院管弦楽団やオペラ・コミック座管弦楽団で首席奏者を務める一方,ソロとアンサンブルでも活躍。
→関連項目フルート

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モイーズ【Marcel Moyse】

1889‐1984
フランスのフルート奏者。1906年パリ音楽院を卒業。パリ音楽院管弦楽団,パドルー管弦楽団,オペラ・コミック劇場などの首席奏者を務める一方,独奏と室内楽でも活躍,各地に演奏旅行し,その非凡な奏法によって名声を高めた。32‐48年母校パリ音楽院教授として後進の指導にあたり,A.ニコレなど多くの俊秀を育てる。48年南アメリカに移住,翌49年アメリカに再移住。現代フルート奏法の確立者で,その影響はきわめて大きく,20世紀におけるフルート隆盛の端緒を開いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モイーズ
もいーず
Marcel Moyse
(1889―1984)

フランスのフルート奏者。フランス東部の山村サンタムール生まれ。パリ音楽院を卒業後、パドルー管弦楽団、パリ音楽院管弦楽団、オペラ・コミック座、コンセール・ストララムの首席奏者を務め、一方、独奏と室内楽でも活躍、現代フルート奏法を確立した20世紀最高の名手。1932~49年パリ音楽院教授。34年レジオン・ドヌール勲章を受章。49年アメリカに移住し、バーモント州ブラトルボロで没した。フルートの特質を生かした品格の高い演奏スタイルを完成、後進に絶大な影響を及ぼした。わが国にも73年(昭和48)と77年に来朝し、指導にあたった。[岩井宏之]
『有馬茂夫訳『私のフルート論――マルセル・モイーズ自筆』(1973・村松楽器販売) ▽高橋利夫著『モイーズとの対話――おいたちと演奏論』(1978・全音楽譜出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モイーズの関連キーワードグラーフ(Peterペーター・ルーカス グラーフジェイムズ ゴールウェイジェームズ ゴールウェイ世界一キライなあなたにマルアン フェライニコンセルバトアールマルセル モイーズオーレル ニコレトレバー ワイ1月22日コンゴ動乱吉田 雅夫5月17日カタンガ州吉田雅夫

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モイーズの関連情報