コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モサッデク

百科事典マイペディアの解説

モサッデク

イランの政治家。カージャール朝下の1920年代にしばしば政府要職についたが,パフラビー朝下では国王の独裁を批判した。1949年左派,イスラム勢力を結集した国民戦線を指導する。
→関連項目イランモハンマド・レザー・パフラビー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モサッデク【Moṣaddeq】

1880‐1967
20世紀イランの政治家,民族主義者。カージャール朝の大臣を父に,皇女を母にもつ名門で大地主の出身。フランス,スイスに留学して帰国後,1915年国会議員となり,法相(1917),蔵相(1921),アゼルバイジャン総督(1922)などを歴任。パフラビー朝を興したレザー・シャーの独裁を批判して30年代を通じ追放されていた。レザー・シャー退位に伴い帰国,44‐53年再び国会議員となった。トゥーデ党やイスラム勢力を結集して国民戦線Jebhe Mellīを組織し,その指導者となり,51年国会で石油国有化法を可決させ同年首相就任。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

モサッデク
Mosaddeq


1880.(1881.説もあり) - 1967.3.5
イランの政治家,民族主義者。
元・イラン首相。
別名Mohammed〉 モハメド(Mossadegh モサデク
父はカージャール朝の大臣、母は皇女という名門に生まれ、フランス、スイスに留学後、1915年国会議員となる。以後、’17年法相、’21年蔵相、’22年アゼルバイジャン総督などを歴任するが、レザー・シャー王の独裁を批判して追放される。’41年レザー・シャーの退位、王子のパーレビの即位に伴い帰国、’44〜53年に国民議会議員を務める。この間、国民戦線の指導者となり、’51年には国会で石油国有化法案を可決させ、同年首相に就任し、アングロ・イラニアン石油会社の諸施設を接収、イギリスとの国交を断絶。’53年国王派のクーデターで失脚。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

世界大百科事典内のモサッデクの言及

【モハンマド・レザー・パフラビー】より

…アメリカの後押しで国王権力は強化された。51年,モサッデク首相が石油国有化を行い国民の権利意識が高まると,53年にかけて国王とモサッデク首相との政治的対抗関係が激化した。国王は一時国外に脱出せざるをえなくなったが,将軍ザーヘディーのクーデタで復帰できた。…

※「モサッデク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モサッデクの関連キーワードフェダーイーヤーネ・イスラームモハンマド・レザー・パフラビージャラール・アーレ・アフマドA.H. カーシャーニーイラン国営石油[会社]カワーム・アル・S.ボゾルグ・アラビーK. マーレキーカーシャーニーイラン革命マレキー

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android