コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モスクワ芸術座 モスクワげいじゅつざ Moskovskii Khudozhestvennyi Akademicheskii Teatr

5件 の用語解説(モスクワ芸術座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モスクワ芸術座
モスクワげいじゅつざ
Moskovskii Khudozhestvennyi Akademicheskii Teatr

ロシア,モスクワの劇場,劇団名。 1898年スタニスラフスキーネミロビッチ=ダンチェンコによって創設された。 V.カチャーロフ,I.モスクビン,L.レオニードフらの名優を擁し,チェーホフゴーリキーらの作品を上演,革命後もしばしば海外巡演を行い,その緻密なリアリズムの舞台は世界の演劇に大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モスクワ‐げいじゅつざ【モスクワ芸術座】

モスクワにある劇場および劇団。1898年、スタニスラフスキーらがリアリズム演劇をめざして創設。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モスクワ芸術座【モスクワげいじゅつざ】

モスクワにあるロシアの劇場・劇団。正称はゴーリキー記念国立モスクワ芸術アカデミー劇場。1898年スタニスラフスキーネミロビチ・ダンチェンコにより創立。しろうと俳優と演劇学校出身の若手俳優を主力に出発,演劇のあらゆる面に革新を行い,リアリズム演劇の金字塔を樹立。
→関連項目青い鳥エフレーモフ近代劇桜の園三人姉妹東山千栄子メイエルホリドモスクワワフタンゴフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モスクワげいじゅつざ【モスクワ芸術座】

ロシアの劇場。正称はゴーリキー記念国立モスクワ芸術アカデミー劇場Moskovskii khudozhestvennyi akademicheskii teatr imeni M.Gor’kogo。頭文字をとってムハト(MKhAT)と略称される。1898年10月にスタニスラフスキーネミロビチ・ダンチェンコによりモスクワに創立された。設立の動機は,低俗な出しもの,場当りと紋切型の芝居,粗雑な装置や背景,主演者中心の安易な興行など,当時の演劇界の通弊と因習を断ちきり,演劇本来の社会的使命をまっとうしようというものであり,一方また,おりから西欧を風靡(ふうび)した演劇革新の声に呼応して,ロシア演劇のリアリズムの伝統をふまえ,高度の理念と生活の真実につらぬかれた舞台を創造しようというものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モスクワ芸術座
もすくわげいじゅつざ
Московский художественный академический театр Moskovskiy hudozhestvenny akademicheskiy teatr

ロシアの代表的な劇団および劇場。正式名は「モスクワ芸術アカデミー劇場」といい、「ムハト」MXATと略称する。モスクワのトベリ(旧ゴーリキー)通りのカメルゲル(旧芸術座)横町にある。1898年、スタニスラフスキーとネミロビチ・ダンチェンコが官僚や興行主の支配する演劇界の旧弊、スター主義、芝居がかりの演技を排したリアリズム演劇を目ざして創立、「芸術公衆劇場」という名称で(1907年まで)、カレートヌイ通りの「エルミタージュ」を本拠地にして公演活動を始める。10月にA・K・トルストイの『皇帝フョードル・イワノビチ』で旗揚げした。12月にはアレクサンドリンスキー劇場の初演(1896)で失敗したチェーホフの『かもめ』を上演して絶賛を博し、カモメモスクワ芸術座の標章となった。1902年に現在地に劇場を新築。作家チェーホフ、ゴーリキーとの出会いによって進歩的知識人たちの魂のよりどころとなり、チェーホフの『ワーニャ伯父さん』(1899)、『三人姉妹』(1901)、『桜の園』(1904)、ゴーリキーの『小市民』『どん底』(ともに1902)で沈滞した劇界に新風を送り、またイプセンハウプトマンら西欧近代劇を紹介した。1906年の最初の国外巡演で世界的な名声を得、カチャーロフ、モスクビン、クニッペル・チェーホワら多数の名優を輩出した。
 第一次革命(1905)後の反動期にはメーテルリンク、アンドレーエフ、メレジコフスキーらの作品の上演で神秘主義・象徴主義的傾向を強めたり、十月革命(1917)後メイエルホリドから保守性を批判されたりしながら、ソビエト時代にふさわしい演劇を模索し、革命と現代を扱うブルガーコフの『トゥルビン家の日々』(1926)やイワーノフの『装甲列車14‐69号』(1927)などの成功で揺るぎない地位を占めた。
 社会主義リアリズム演劇の指導原理となった「スタニスラフスキー・システム」の本家という甘えなどから1950年代以降停滞ぎみとなったが、70年にエフレーモフを主任演出家に迎えて指導部の若返りを図り、演目にも斬新(ざんしん)なものを加えるようになった。87年にはカメルゲル横町の旧館、モスクビン通りの付属劇場、75年に開場したトゥベルスコイ・ブールバールの新館、それに小舞台をもつ、総員400名(うち俳優157名)の大世帯に膨れ上がったため、新館を諸民族友好劇場と改称、旧館のグループをエフレーモフ、付属劇場、新館のグループを女優ダローニナが指導し、全体をエフレーモフが統轄することになった。58年、68年、88年に来日公演を行っている。89年、エフレーモフの率いる「チェーホフ記念モスクワ芸術座」と、ダローニナの率いる「ゴーリキー記念モスクワ芸術座」の二つの独立した劇団が生まれた。[中本信幸]
『ネミロビッチ・ダンチェンコ著、内山敏訳『モスクワ芸術座の回想』(1952・早川書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモスクワ芸術座の言及

【近代劇】より

…翌年,ここからG.B.ショーが《やもめの家》で劇作家としてデビューした。モスクワではスタニスラフスキーが,ネミロビチ・ダンチェンコと語らって1898年に〈モスクワ芸術座〉をつくる。彼らは失敗作とされていたチェーホフの《かもめ》をとり上げて大成功をおさめ,彼に劇作を続ける勇気を与えた。…

【国立劇場】より

… ところが,近・現代に登場した比較的新しい国立劇場になると,今ふれた革新の具現化のような場合もあって,概して開場の動機や成り立ちや仕事ぶりなど全体のトーンが,旧来の国立劇場とは異なる。ロシアの〈モスクワ芸術座〉や,旧東ドイツの〈ベルリーナー・アンサンブル〉や,フランスの〈国立民衆劇場〉(略称TNP)や,イギリスの〈ナショナル・シアター〉(略称NT)などがその好例である。 まず〈モスクワ芸術座〉は,19世紀末,マンネリ,商業主義,大芝居化していた当時の演劇界の大勢に抗して,リアルで純正な,演劇ならではの手ごたえをという革新の願いから革命翌年の1918年に生まれたもので,この事情は同時代のドイツの〈マイニンゲン一座〉や,フランスその他での〈自由劇場〉運動と軌を一にしている。…

【スタニスラフスキー】より

…その演劇活動はしだいに世評の的となり,とくに彼自身はすぐれた才能と容姿によって職業劇団から客演の誘いをうけ,またこの劇団に加入を望む者があいついだ。97年ネミロビチ・ダンチェンコと出会い,翌年秋彼とともにモスクワ芸術座を創立した。以来ロシア革命の激動期をはさんで,没年までの40年間に100編におよぶ内外の古典と新作の上演を指導し,芸術座を世界の近代劇運動の頂点に立つ演劇の殿堂たらしめた。…

【ネミロビチ・ダンチェンコ】より

…やがて自作上演の経験から劇場芸術改革の必要を痛感し,まず低俗な世相劇にふさわしい職人芸の役者ではなく,高い文学的内容をもつ戯曲を形象化しうる俳優の養成を志して,モスクワ・フィルハーモニー学校のドラマ科を主宰した。これがまもなくスタニスラフスキーとの出会いを生む機縁となり,1898年相携えてモスクワ芸術座を創立した。芸術座における彼の第1の功績は,チェーホフ,ゴーリキーを劇作に引き入れ,芸術座の進路を決定した《桜の園》や《どん底》などの名作を生み,またイプセン,ハウプトマンらの西欧近代劇の移植に努めたことである。…

【ロシア・ソビエト演劇】より

…また西欧の近代劇運動が紹介され始めたこともあり,私営の劇団がいくつか誕生した。なかでも98年にスタニスラフスキーネミロビチ・ダンチェンコが創設したモスクワ芸術座は,演出芸術を確立させ,演技のアンサンブルを重視し,せりふの行間に流れる心理をたどりながら人間の真の姿を表現することに成功した。芸術座のチェーホフ劇,ゴーリキー劇などはロシア演劇を飛躍的に発展させたのみならず,世界の演劇に大きな影響を与えた。…

※「モスクワ芸術座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モスクワ芸術座の関連キーワードゴーリキーゴーリキー通りГорькийゴーリキー公園国立モスクワ音楽劇場バレエ団サンクト・ペテルブルグ・ボリショイ・ドラマ劇場ゴーリキー記念国立モスクワ芸術アカデミー劇場ゴーリキー記念国立レニングラード赤軍勲章アカデミー・ボリショイ・ドラマ劇場チャイコフスキー記念国際コンクールロモノーソフ記念国立モスクワ大学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モスクワ芸術座の関連情報