コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モダマ sea bean

2件 の用語解説(モダマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モダマ【sea bean】

マメ科ネムノキ亜科に属し,マメ科の中でも際立って大きな果実をつける,大型の木性つる植物。果実は長さ120cm,幅12cmに達する。和名は藻玉の意で,海岸に漂着する種子に基づいて名付けられたという。大型の木性つる植物。葉は常緑,偶数2回羽状複葉で互生する。羽片は2対ある。小葉は2~4対あり,ややゆがんだ長楕円形で長さ3~8cm,幅1.5~4cm,革質で光沢がある。夏に長さ12~25cmの細長い穂状花序を伸ばし,多数の黄緑色の小花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モダマ
もだま / 藻玉
[学]Entada phaseoloides Merr.

マメ科の常緑藤本(とうほん)(つる植物)。葉は互生し、2回偶数羽状複葉で羽片は4枚。おのおのの羽片に小葉は2~4枚ずつ対生し、葉軸の先は巻きひげとなる。小葉は長楕円(ちょうだえん)形または倒卵形で、長さ3~8センチメートル、革質で光沢がある。初夏、枝先に細長い穂状花序を出し、帯黄緑色の小さな花を密生する。果実は木質で堅い大形の平たい莢(さや)で、長さ1メートルに達することがある。種子は平たく光沢がある。屋久(やく)島から沖縄の山麓(さんろく)の常緑林内に生え、熱帯に広く分布する。ときに種子が川に流され、海上を漂流して、他の海岸に運ばれる。浜辺に打ち上げられた種子に藻がついていることがあるので、この名がある。[立石庸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モダマの関連キーワード銀合歓合歓木レンズ豆アルビチアライマビーンシカクマメハウチワマメ中毒ベニバナインゲンマメマメ科牧草 (legumes)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone