コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モダマ sea bean

2件 の用語解説(モダマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モダマ【sea bean】

マメ科ネムノキ亜科に属し,マメ科の中でも際立って大きな果実をつける,大型の木性つる植物。果実は長さ120cm,幅12cmに達する。和名は藻玉の意で,海岸に漂着する種子に基づいて名付けられたという。大型の木性つる植物。葉は常緑,偶数2回羽状複葉で互生する。羽片は2対ある。小葉は2~4対あり,ややゆがんだ長楕円形で長さ3~8cm,幅1.5~4cm,革質で光沢がある。夏に長さ12~25cmの細長い穂状花序を伸ばし,多数の黄緑色の小花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モダマ
もだま / 藻玉
[学]Entada phaseoloides Merr.

マメ科の常緑藤本(とうほん)(つる植物)。葉は互生し、2回偶数羽状複葉で羽片は4枚。おのおのの羽片に小葉は2~4枚ずつ対生し、葉軸の先は巻きひげとなる。小葉は長楕円(ちょうだえん)形または倒卵形で、長さ3~8センチメートル、革質で光沢がある。初夏、枝先に細長い穂状花序を出し、帯黄緑色の小さな花を密生する。果実は木質で堅い大形の平たい莢(さや)で、長さ1メートルに達することがある。種子は平たく光沢がある。屋久(やく)島から沖縄の山麓(さんろく)の常緑林内に生え、熱帯に広く分布する。ときに種子が川に流され、海上を漂流して、他の海岸に運ばれる。浜辺に打ち上げられた種子に藻がついていることがあるので、この名がある。[立石庸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モダマの関連情報