コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モニカ Monica

翻訳|Monica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モニカ
Monica

[生]332. ヌミディア,タガステ
[没]387. オスティア
聖女,アウグスチヌスの母。厳格なキリスト者の家庭に育ち,ローマの官吏である異教徒パトリキウスと結婚。3人の子をもつ。熱心なキリスト者として,マニ教に傾斜していたアウグスチヌスに改宗を促した。アウグスチヌスがローマからミラノへ移ったとき彼に従ってミラノへ行き内縁の妻と別れさせた。ミラノにおけるアウグスチヌスの回心を見届けてアフリカへの帰途についたが,オスティアで病に倒れ没した。アウグスチヌスの『告白』には母モニカの姿がきわめて感動的に述べられている。古代キリスト教会三賢母の一人。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

モニカ

没年:天正5(1577)
生年:天文18(1549)
安土桃山時代のキリシタン女性。堺の豪商日比屋了珪(霊名ディオゴ)の娘。永禄8(1565)年豊後(大分県)から上京し,病気のため堺に逗留していたイルマン(修道士)のルイス・デ・アルメイダを訪れて,生涯貞潔を守り結婚の意志なきことを告白し,親が決めた叔父奈良屋宗札との婚約解消のための仲介を頼む。宗札がキリスト教に改宗する約束で結婚が成立し,1男1女を得たが,産褥熱のため死去。死の直前にキリシタンになろうとしなかった実母を改宗させる。1子アゴストは小西行長の家臣となり朝鮮出兵に参陣した。<参考文献>村上直次郎訳『耶蘇会士日本通信』上巻,松田毅一・川崎桃太訳『フロイス 日本史』

(五野井隆史)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

モニカ

日本のポピュラー音楽。歌は歌手で俳優の吉川(きっかわ)晃司。1984年発売。作詞:三浦徳子、作曲:NOBODY。吉川の主演で同年公開された映画「すかんぴんウォーク」の主題歌。第26回日本レコード大賞新人賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

モニカ【Monica】

322頃~387) アウグスティヌスの母。息子の回心を願って、祈り続けた賢母として知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モニカ
もにか
Monnica
(331―387)

アウグスティヌスの母。北アフリカの小村タガステ(アルジェリアのスーク・アラヌス)でローマ人の小地主パトリキウスに嫁したベルベリ人。熱心で敬虔(けいけん)なキリスト教徒として、アウグスティヌスの宗教教育に尽くした。マニ教に心を奪われている息子のために祈り続けた。ある日、さる司教は嘆くモニカに「このような涙の子が滅びるはずはない」と励ましたほどである。385年息子の後を追ってローマに赴き、2年後オスティアで客死。死の直前、神秘経験を息子とともに味わった。1946年モニカの墓碑や断片が発見された。[加藤 武]
『中沢宣夫著『母モニカ』(新教出版社・新教新書) ▽山田晶著『世界の名著14 アウグスティヌス』(1968・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のモニカの言及

【アウグスティヌス】より

…西方教会の教父として最も重要な人物で,かつヨーロッパのキリスト教を代表する一人。
[生涯]
 北アフリカのヌミディア州タガステに,異教徒の父パトリキウスPatriciusとキリスト教徒の母モニカMonicaとの子として生まれた。46歳のときに書いた自伝《告白》によれば,16歳のときカルタゴに出て修辞学を中心とする自由学科を学んだが,ある女性と同棲して1子アデオダトゥスを生んだ。…

※「モニカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モニカの関連キーワードハーモニカ [harmonica]ミッション・クレオパトラフレディVSジェイソントゥーツ シールマンスエリック・O. モスドナルド ベイリーグラス・ハーモニカブルーノ ホフマン太陽はひとりぼっちフランク リハクシカゴ・ファイアケネス アンガーロクサーナ ザルアウグスティヌスラリー アドラー愛のプレリュードボッティチーニ鍵盤ハーモニカスザンヌ ベガサンタ・モニカ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モニカの関連情報