コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モネルメタル monel metal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モネルメタル
monel metal

ニッケル Ni62~70%,銅 Cu30~35%,ほかに鉄,アルミニウムマンガンなどを含む耐食合金。もとカナダのインタナショナルニッケル会社で A.モネルが Ni:Cu=7:3の比に含む鉱石を還元して得た (1905) のでその名がついたが,以後各国で同質または改良合金を溶製するようになった。通常のモネル (Monel400) は引張り強さ 588MPa,ブリネル硬さ HB 150の強い合金であるが,特色は海水,酸,アルカリに対する耐食性で,ほとんど化学工業用構造材とされる。Rモネル (Monel R-405,硫黄を 0.04%添加) は快削モネルといわれ,被切削性がよい。Kモネル (Monel K-500,アルミニウム3%添加) は焼入れ後の焼戻しで時効硬化して引張り強さ 120 kg/mm2 ,HB 300以上に達し,航空機用非磁性部品,機械用耐食部品に用い,Sモネル (ケイ素4%,鉄2%添加) およびケイ素2%,鉄 1.5%添加のモネルは鋳造用で,用途はやはり耐摩耗耐食部品である。 JISでは Monel 400と Monel K-500に相当する Ni-Cu合金が規格化されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モネル‐メタル(Monel metal)

ニッケルと銅との合金の一種の商標名。ニッケル63~70パーセント、銅24~30パーセント、少量の鉄・マンガン珪素(けいそ)などを含む。米国のA=モネルが発明。耐食性にすぐれ、精密機械・化学装置などに使用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

モネルメタル

ニッケル‐銅合金の一種で,ニッケル60〜70%,残りは銅。元来は,カナダ産ニッケル鉱の製錬【かわ】を焙焼(ばいしょう),還元して得られる自然合金。代表的な合金であるモネル400では,ニッケル60〜70%,銅26〜34%のほかに,少量の鉄,マンガンなどを含む。
→関連項目軸受合金耐食合金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モネルメタル【Monel metal】

ニッケル‐銅合金の一種。元来は,カナダ産の磁硫鉄鉱から直接に製錬される自然合金である。代表的な合金はMonel 400であって,ニッケル60~70%,銅26~34%,ほかに少量の鉄,マンガン,ケイ素などを含む。ニッケルのもつ耐食性の特徴を改良したもので,普通鋼よりも強靱(きようじん)であって,耐食性を要する構造材料として用途が広い。さらに,モネルの名のついた改良合金があり,Rモネルは切削性がよく,Kモネルはアルミニウムとチタン添加によって析出硬化性をもたせ,とくに強度の必要な用途に使用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

モネルメタル【Monel metal】

ニッケルと銅を主体とする合金の商標名。ニッケル63~70パーセント、銅24~30パーセントのほか、少量の鉄・マンガン・ケイ素などを含む。耐食性・耐熱性に富む。精密機械・タービンの羽根・ポンプなどに広く利用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

モネルメタルの関連キーワードニッケル‐銅合金銅ニッケル合金ニッケル合金タービン磁性材料ドラム缶耐熱性珪素

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android