コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノのインターネット もののいんたーねっとInternet of Things

知恵蔵の解説

モノのインターネット

IoT」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モノのインターネット
もののいんたーねっと
Internet of Things

インターネットとは関係のなかったものが、ネットワークに接続されることによって、これまでとは異なる価値を見いだされたり、新たな方法で活用されたりすることを表したことば。IoTと略される。イギリス出身のハイテク企業家ケビン・アシュトンKevin Ashton(1968― )が、1999年に初めて提唱したとされる。
 1980年代以降、「どこでもコンピュータ」を目ざした日本のTRON(トロン)プロジェクトをはじめ、1990年代に注目されたユビキタス・コンピューティングなどと類似した概念ととらえられる。自動車、家電、カメラ、音響機器、ウェアラブル端末などが、その対象物となる。情報収集用のGPS(全地球測位システム)やカメラの各種センサー、無線通信機器、集積される情報を分析するクラウド基盤などがIoTを支える技術であり、部品や機器の小型化、高性能化、低価格化により普及が進みつつある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モノのインターネットの関連キーワードインターネット・オブ・シングスARMホールディングス第5世代移動通信方式インダストリー4.0コネクテッドホームI to T工作機械工業IoT機器020新常態5G

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モノのインターネットの関連情報