コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モミジ

世界大百科事典 第2版の解説

モミジ

カエデの代表種であるイロハカエデの別称。また総称的な名前としてカエデ類をモミジ類とも呼ぶこともある。さらに紅葉や黄葉する現象や,そのような樹種に対しても〈もみじ〉の名前がつけられる。もともとは秋に紅葉する樹やその紅葉のことを〈もみじ〉と呼んでいた。のちに紅葉の美しい種類に対して〈もみじ〉の名が使われるようになり,特に,京都の紅葉で有名な高雄山に多いカエデのタカオモミジ(イロハカエデ)がモミジと呼ばれることが多くなったのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のモミジの言及

【カエデ(楓)】より

…カエデ属樹木の総称。カエデは蛙手(かえるで)で,最もふつうに見られるイロハモミジやオオモミジの掌状に分かれる葉をカエルの手になぞらえたもの。モミジともいうが,これは紅葉するという意味の〈もみず〉からきており,秋に紅葉する植物の代表であるカエデ類を指すようになった。…

※「モミジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

モミジの関連キーワードチョレイマイタケ(猪苓舞茸)キハツタケ(黄初茸)宮崎県北諸県郡三股町ゴマダラカミキリハリギリ(針桐)葉っぱビジネスオオモミジガサモミジ(紅葉)モミジカラマツモミジアオイカエデ(楓)モミジハグマ広島県の要覧BONSAIクレオソートキクバドコロ広島[県]モミジガサ湯ノ山温泉滋賀[県]

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モミジの関連情報