コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モランテ モランテMorante, Elsa

5件 の用語解説(モランテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モランテ
モランテ
Morante, Elsa

[生]1918.8.18. ローマ
[没]1985.11.25. ローマ
イタリア女流作家。幼時から詩や童話を書き,幻想的で繊細な感受性の長・短編小説を発表。第2次世界大戦中から戦後にかけ,モラビア夫人としてイタリアのジャーナリズムをにぎわした。主著『嘘と魔術』 Menzogna e sortilegio (1948) ,『禁じられた恋の島』L'isola di Arturo (57) ,『アンダルシアショール』 Lo scialle andaluso (63) ,『歴史』 La storia (74) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モランテ(Elsa Morante)

[1912~1985]イタリアの女性作家。モラビアの最初の妻。寓話的な筆致で独得な詩的世界を構築した。小説「禁じられた恋の島」、大作「歴史」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

モランテ【Elsa Morante】

1918‐85
イタリアの女流作家。ローマ生れ。寓話的長編小説《虚言と魔法》で1948年度ビアレッジョ賞を受賞。59年にストレーガ賞を得た《禁じられた恋の島》は世界との直接的な接触を重ねて成長してゆく少年を詩的なリアリズムの手法で描いた作品である。ナチス占領下のイタリアにおける一人の女性を中心とした叙事詩的長編小説《歴史》(1974)のエピグラムに,〈字を読めない人のために〉と記し,〈トータルサイクル――誕生から死へ,死から誕生へ――をとおしての,普遍的かつ個別的な経験である現実〉の表現を自己の文学活動の核に据えるモランテは,ギターを携えて歌い歩くことを夢見る現代の吟遊詩人でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

モランテ【Elsa Morante】

1912~1985) イタリアの小説家。寓話的・魔術的筆致で歴史を描いた。「アルトゥーロの島」で世界的に知られる。ほかに長編小説「歴史」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モランテ
もらんて
Elsa Morante
(1918―1985)

イタリアの女流作家。ローマに生まれる。アルベルト・モラービアの最初の妻。短編集『秘密の遊戯』(1941)で幸運なスタートを切る。「自伝的要素を基盤とした魔法のリアリズム」を、現実を超えた寓話(ぐうわ)の世界にまで拡大させた長編大作『虚構と魔法』(1948)でビアレッジョ賞を獲得、第二次世界大戦後の代表的作家としての地位を固めた。『アルトゥーロの島』(1957。59年ストレーガ賞受賞作。邦訳『禁じられた恋の島』)、ナチス占領下のイタリアを叙事詩的に描いた長編『歴史』(1974。多くの読者のために、最初から異例の廉価版で刊行し、話題をよんだ)、詩集『少年たちに救われた世界』(1968)など、いずれも小さな、弱い者からの視線を強靭(きょうじん)に貫いている。最後の作品となった『アラチェーリ』(1983)は彼女の神話的・バロック的想像世界を余すところなく伝えるが、きわめて個人的な死と狂気、疎外された愛という苦悩に満ちたものである。その後自殺を図り、その後遺症のための半身不随のまま、ローマの病院で生涯を終えた。[望月紀子]
『大久保昭男訳『禁じられた恋の島』(1964・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モランテの関連キーワード米騒動干渉戦争新聞小説東欧演劇母性保護論争スペイン風邪米騒動ジーリチェコスロバキア芥川竜之介

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モランテの関連情報