コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルゲンシュテルン モルゲンシュテルンMorgenstern, Christian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モルゲンシュテルン
Morgenstern, Christian

[生]1871.5.6. ミュンヘン
[没]1914.3.31. メラン
ドイツの詩人。祖父,父は有名な画家。無邪気な空想とグロテスクなユーモアにあふれるノンセンス詩集『絞首台の歌』 Galgenlieder (1905) などにより,近代詩史上特異な位置を占める。 1909年以後は哲学者 R.シュタイナーの人智学に共鳴し,神秘主義的思索的詩風に転じた。

モルゲンシュテルン
Morgenstern, Oskar

[生]1902.1.24. ゲリッツ
[没]1977.7.26. ニュージャージー,プリンストン
ドイツ生れのアメリカの経済学者。ウィーン学派 (→オーストリア学派 ) の理論経済学者として出発し,ウィーン学団の全盛期に狭義の論理実証主義の直接的・自覚的影響を受けた経済学者の一人。 1929年ウィーン大学講師,35年同教授。この間オーストリア景気調査研究所長 (1930~38) をつとめ,38年ナチス・ドイツによるオーストリア併合でアメリカに亡命してプリンストン大学に入り,41年同大学教授,70年ニューヨーク大学教授。 J.ノイマンとともにゲームの理論の確立者として知られ,共著『ゲームの理論と経済行動』 The Theory of Games and Economic Behavior (44) が最も著名であるが,『経済観測の科学』 On the Accuracy of Economic Observations (50) など著書,論文多数。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

モルゲンシュテルン

ドイツの詩人。父,祖父は画家。《絞首台の歌》(1905年)や《パルムシュトレーム》(1910年)などのグロテスクなユーモアにみちた詩集で知られる。晩年はR.シュタイナーの人智学に接近した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モルゲンシュテルン【Christian Morgenstern】

1871‐1914
ドイツの詩人。初めニーチェの影響を受け,のち神秘思想を経て晩年はR.シュタイナーの人智学に接近した。愛や自然を歌った真摯(しんし)な詩もあるが,むしろバーレスク風のグロテスクで幻想的な詩風で知られ,この傾向の代表作《絞首台の歌》(1905)は含蓄のある懐疑的なユーモア,皮肉な機知,奇矯な着想を随所に用いて,意味を失った現実世界を徹底的に揶揄嘲弄(やゆちようろう)している。【石丸 昭二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

モルゲンシュテルン

生年月日:1902年1月24日
アメリカの経済学者
1977年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のモルゲンシュテルンの言及

【言語遊戯】より

…20世紀のアポリネール,マヤコフスキー,D.トマスらにも同種の作があるが,キャロルの《不思議の国のアリス》でアリスが聞く〈長いお話(テールtale)〉が〈長い尾(テールtail)〉の形で印刷されているのが最も有名な一例かもしれない(図4)。これを突き詰めると,ドイツの詩人C.モルゲンシュテルンの《魚たちの夜の歌》のように,言葉は消え失せ,抽象的な記号となる(図5)。(7)音響詩 視覚より聴覚に傾いて,意味を拒絶した音の響きだけで成り立たせようと試みる詩。…

※「モルゲンシュテルン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モルゲンシュテルンの関連キーワードノイマン(Johann Ludwig von Neumann)エレクトロニクス史(年表)J.L. フォン・ノイマンコンクリート・ポエトリーゲームの理論・ゲーム理論ノンセンス文学資産選択の理論システム工学ミクロ経済学ゲーム理論ウォールド生年月日不確実性5月6日

モルゲンシュテルンの関連情報