コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モロコシ(蜀黍) モロコシ Sorghum vulgare; great millet

2件 の用語解説(モロコシ(蜀黍)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モロコシ(蜀黍)
モロコシ
Sorghum vulgare; great millet

イネ科の一年草。タカキビともいう。アフリカの熱帯地域の原産といわれるが,アジア,アフリカで有史以前から栽培され,アメリカにも導入された。茎はトウモロコシに似て,2.5mぐらいになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

モロコシ【モロコシ(蜀黍) sorghum】

子実や茎葉を飼料とするために,また子実を食用や醸造原料とするために栽培されるイネ科の一年草で,ソルガムともいう(イラスト)。草丈は2~3mとなるが,最近の栽培品種は1~1.5mの短稈(たんかん)品種が多くなってきている。葉は芽生え時は数cmだが,徐々に大きな葉が伸び出て,大きなものでは長さ1mをこし,幅も10cmほどになる。トウモロコシの葉によく似るが,傷つくと濃紅褐色の斑ができる。茎(稈)は中空とならずに充実し,太さ2~4cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のモロコシ(蜀黍)の言及

【雑穀】より

… 世界における雑穀の主要な起源地域はアジアとアフリカで,この二つの地域ではそれぞれ独自の雑穀が成立した。アジア起源の代表的な雑穀はアワSetaria italica,キビPanicum miliaceum,ヒエEchinochloa utilis,インドビエE.frumentacea,ハトムギCoix lacrymajobi var.mayuenの5種であり,アフリカ起源のものとしては,モロコシ(ソルガム)Sorghum bicolor,シコクビエEleusine coracana,トウジンビエPennisetum americanumがあげられる。以上の雑穀は広い地域で栽培されているが,現在でも特定の地域にだけ栽培が局限されている雑穀がある。…

※「モロコシ(蜀黍)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モロコシ(蜀黍)の関連キーワード飼料作物トウモロコシ(玉蜀黍)牧草ソルゴーデントコーンマイロ子実層稲発酵粗飼料青刈りヒエ(稗∥穇)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone