コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モロコシ(蜀黍) モロコシSorghum vulgare; great millet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モロコシ(蜀黍)
モロコシ
Sorghum vulgare; great millet

イネ科の一年草。タカキビともいう。アフリカの熱帯地域の原産といわれるが,アジア,アフリカで有史以前から栽培され,アメリカにも導入された。茎はトウモロコシに似て,2.5mぐらいになる。花序は複穂状で頂生し,小穂は対生してその片方は無柄で稔性,他方は有柄で雄花のみをつける。主として自家受粉し,秋に多数の穎果をつける。多くの栽培種があり,食料や飼料として広く利用されている。サトウモロコシ S. vulgare var. saccharatumは甘汁が出るのでまれに製糖材料として栽培され,ホウキモロコシ S. vulgare var. hokiは穂からほうきをつくる。日本には室町時代に渡来したといわれ,畑地につくられることは少なく,畑の縁,河岸の出水のある地などに植えられる。中国東北地方のコーリャン (高粱) はこの変種 S. vulgare var. nervosumで中国では非常に古くから栽培されてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モロコシ【モロコシ(蜀黍) sorghum】

子実や茎葉を飼料とするために,また子実を食用や醸造原料とするために栽培されるイネ科の一年草で,ソルガムともいう(イラスト)。草丈は2~3mとなるが,最近の栽培品種は1~1.5mの短稈(たんかん)品種が多くなってきている。葉は芽生え時は数cmだが,徐々に大きな葉が伸び出て,大きなものでは長さ1mをこし,幅も10cmほどになる。トウモロコシの葉によく似るが,傷つくと濃紅褐色の斑ができる。茎(稈)は中空とならずに充実し,太さ2~4cm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のモロコシ(蜀黍)の言及

【雑穀】より

… 世界における雑穀の主要な起源地域はアジアとアフリカで,この二つの地域ではそれぞれ独自の雑穀が成立した。アジア起源の代表的な雑穀はアワSetaria italica,キビPanicum miliaceum,ヒエEchinochloa utilis,インドビエE.frumentacea,ハトムギCoix lacrymajobi var.mayuenの5種であり,アフリカ起源のものとしては,モロコシ(ソルガム)Sorghum bicolor,シコクビエEleusine coracana,トウジンビエPennisetum americanumがあげられる。以上の雑穀は広い地域で栽培されているが,現在でも特定の地域にだけ栽培が局限されている雑穀がある。…

※「モロコシ(蜀黍)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モロコシ(蜀黍)の関連キーワードスーダングラスクリコロ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android