モンゴル諸語(読み)モンゴルしょご

百科事典マイペディアの解説

モンゴル諸語【モンゴルしょご】

かつては蒙古語とも。モンゴルハルハ語と中国内モンゴル自治区のチャハル,オルドス,オイラートなどの同系諸語をさすが,広くは,バイカル湖付近のブリヤート語,旧満州北部のダゴール語,青海省のモングオル語,アフガニスタンのモゴール語,ボルガ川下流のカルムイク語等をも含むモンゴル系諸語の総称。ウイグル文字に起源をもつ縦書きのモンゴル文字による文献は13世紀からあり,17世紀以後特に多くなるが,現在は,ハルハ語,ブリヤート語,カルムイク語などでロシア字正書法による文章語が使用されている。中国では,伝統的モンゴル文字が使用されている。母音調和と,規則的で簡単な膠着(こうちゃく)語的文法構造を特色とし,系統的にはツングース諸語チュルク諸語とともにアルタイ語族をなすとする説があるが,互いの親族関係は証明されていないため,アルタイ諸語と呼ばれる。→モンゴル[人]
→関連項目ソグド語蒙古ヤクート語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンゴルしょご【モンゴル諸語 Mongolian】

シベリアの南,中華人民共和国の北にひろがる広大なステップ性高原地帯モンゴル高原には,現在,モンゴル系の多くの言語が話されている。それらの言語をモンゴル諸語と呼ぶ。なお,かつては〈蒙古諸語〉あるいは単に〈蒙古語〉という呼び方もしばしば用いられた。また現在,〈モンゴル語〉という呼名が〈モンゴル諸語〉の意味で用いられる場合もあるが,こちらは狭義にはモンゴル国で話される言語を指す。
[下位区分]
 モンゴル諸語は多くの方言に分かれるが,巨視的にみれば,東部方言と西部方言の二つに分けられ,その他,孤立した若干の言語を認めることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のモンゴル諸語の言及

【アルタイ諸語】より

…これらの諸言語が互いに親族関係にあってアルタイ語族をなすとの説が有力で,さらに朝鮮語や日本語をも含めた親族関係が問題にされることがある。分布地域は広く,一部で重なり合いながら東ヨーロッパからシベリアに及ぶが,チュルク諸語は中央アジアを中心に東ヨーロッパ,中国西部,シベリアの南部・中部などに話されており,モンゴル諸語はモンゴル,中国の内モンゴル地方を中心に,ボルガ川中流,アフガニスタン,シベリアのバイカル湖付近などに分布する。ツングース諸語は中国の新疆ウイグル自治区,東北地方などに一部話されているが,沿海州やシベリア中部から東部にかけて分布する。…

※「モンゴル諸語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android