コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンゴル音楽 モンゴルおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンゴル音楽
モンゴルおんがく

アジアの中央部,ゴビ砂漠を中心に東西に広がるモンゴル人の居住地の音楽。紀元前の匈奴時代ののち,外モンゴルはトルコ系のウイグル族の居住地となり,それ以来,イスラム系の音楽も入った。元代には,文化指導をイスラム人に受けたので,その影響を受け (大型の胡弓の馬頭琴はアラビアのラバーブの変形) ,一方,明清服属時代には内モンゴルに南隣の中国音楽が多く入った。しかしモンゴル人は,7音音階のイスラム音楽とは違い,5音音階であるが中国の典型的な5音音階 (ドレミソラ) とも違う,おそらく古い伝承と思われる様式をもった民謡を今日まで伝承している。馬頭琴の伴奏による自由リズムの歌をウルチン・ド (「長い歌」の意) といい,あたかも日本の馬子唄,追分唄のような歌である。そのうえ,持続低音のうえで,ファルセット (裏声) も交えてのみごとな男声ソロが流れる合唱もある。民謡の典型的なものには,ボギノ・ドー (「短い歌」の意) などもあり,楽器には,馬頭琴 (モリン・フールともいう) のほかに6孔をもつ横笛 (リンブ) ,洋琴や三弦系統のシャンズなどもある。したがって,モンゴル音楽は,中国音楽ともチベット音楽とも違う,一つの独立の音楽文化圏をなすとみるべきである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンゴルおんがく【モンゴル音楽】

一般的には,モンゴルならびに中華人民共和国の内モンゴル(蒙古)自治区に居住するモンゴル族の音楽を,モンゴル音楽と称する。しかし,モンゴル族の音楽を意味する場合,そのモンゴル族が居住する地域は,上記のほかロシアのバイカル湖周辺,中国における新疆ウイグル(維吾爾)自治区,四川省をはじめとして,きわめて地域は広く,そのため音楽的変容も多い。さらに,アフガニスタンのハザーラ族をはじめモンゴル語系諸民族を含めると,現在の音楽状況にだけ視点を当てても,さまざまな変化を示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モンゴル音楽の関連情報