コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーリー=ミントー改革 モーリー=ミントーかいかくMorley-Minto Reforms

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーリー=ミントー改革
モーリー=ミントーかいかく
Morley-Minto Reforms

1909年のインド参事会法を基本として施行されたイギリスのインド統治の改革の通称。インド担当国務大臣 J.モーリーインド総督ミントー (伯) によりなされた。この改革により中央,地方の各立法参事会委員の増員,立法参事会における決議権や質疑権などが認められたが,決議しても行政府はこれに拘束されず,質疑しても行政官は答弁する義務がなかった。さらに委員選出に一部選挙制を採用したが,これもきわめて限られたものであり,特にイスラム教徒に有利な選挙制度であった。これらの政策は,ベンガル分割以後に激しくなった民族運動分裂を策したイギリスの伝統的な「分割統治」の原則によるものであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モーリーミントーかいかく【モーリー=ミントー改革】

1905‐08年のベンガル分割反対を契機とするインドの民族運動の高まりに対処するため,09年にインド統治の手直しをうたって,イギリスのインド大臣モーリーJohn Morleyとインド総督ミントーが共同して実施した政治改革。1892年のインド参事会法に対する改訂であるが,インド総督の行政参事会(内閣に相当)にインド人1名(この時はS.P.シンハ)を加え,また中央と州の立法参事会の構成・機能に一定の改善を加えることを内容としていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のモーリー=ミントー改革の言及

【インド統治法】より

…1892年法でもこの状態は変わらなかったが,各参事会で予算に関する討議と質問が許されるようになった。1909年法,つまりモーリー=ミントー改革によって初めて中央と州の両方で行政参事会と立法参事会が分離され,立法参事会で部分的に選挙制度が導入されたうえに予算以外の重要問題についても決議案の提出や質問が認められた。このときに導入された選挙制度は少数派であるムスリムに配慮した分離選挙制度である。…

※「モーリー=ミントー改革」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モーリー=ミントー改革の関連キーワードミントー(伯)クルー(侯)

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android