コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーリー=ミントー改革 モーリー=ミントーかいかくMorley-Minto Reforms

2件 の用語解説(モーリー=ミントー改革の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーリー=ミントー改革
モーリー=ミントーかいかく
Morley-Minto Reforms

1909年のインド参事会法を基本として施行されたイギリスインド統治の改革の通称。インド担当国務大臣 J.モーリーインド総督ミントー (伯) によりなされた。この改革により中央,地方の各立法参事会委員の増員,立法参事会における決議権や質疑権などが認められたが,決議しても行政府はこれに拘束されず,質疑しても行政官は答弁する義務がなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モーリーミントーかいかく【モーリー=ミントー改革】

1905‐08年のベンガル分割反対を契機とするインドの民族運動の高まりに対処するため,09年にインド統治の手直しをうたって,イギリスのインド大臣モーリーJohn Morleyとインド総督ミントーが共同して実施した政治改革。1892年のインド参事会法に対する改訂であるが,インド総督の行政参事会(内閣に相当)にインド人1名(この時はS.P.シンハ)を加え,また中央と州の立法参事会の構成・機能に一定の改善を加えることを内容としていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のモーリー=ミントー改革の言及

【インド統治法】より

…1892年法でもこの状態は変わらなかったが,各参事会で予算に関する討議と質問が許されるようになった。1909年法,つまりモーリー=ミントー改革によって初めて中央と州の両方で行政参事会と立法参事会が分離され,立法参事会で部分的に選挙制度が導入されたうえに予算以外の重要問題についても決議案の提出や質問が認められた。このときに導入された選挙制度は少数派であるムスリムに配慮した分離選挙制度である。…

※「モーリー=ミントー改革」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

モーリー=ミントー改革の関連キーワードスバルレオポルド2世父の日ピーター・ドラッカーゴッチェジェーンズネットー山路愛山超変成作用分化作用

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone