モー(英語表記)Meaux

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モー
Meaux

フランス北部,セーヌエマルヌ県の都市。パリ東北東約 44kmに位置する。マルヌ川,およびパリに通じるルルク運河に面し,はしけのためのをもつ。ガロ・ローマ時代からの町で,923~1361年はシャンパーニュ伯領。第1次世界大戦ではこの地でドイツ軍の侵入を食止めた。化学金属などの工業が立地するほか,農産物の集散も行われる。 13~14世紀の聖エティエンヌ大聖堂,ル・ノートル設計の旧司教館庭園 (12~17世紀) がある。人口4万 9409 (1990) 。

モー
mho

コンダクタンスまたはアドミタンスの MKSA単位。 SI単位のジーメンスと同じ。1モーは1オームの電気抵抗体のもつコンダクタンスで,電気抵抗の単位オーム ohmの逆数であるために単位名 mhoがアメリカから慣用されてきた。ジーメンスが使われることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

モー
モー
mho

かつて用いられたコンダクタンスの単位.記号 ℧.[別用語参照]ジーメンス

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

単位名がわかる辞典の解説

モー【mho】

導電率の単位。電気抵抗(オーム・記号は「Ω」)の逆数。記号は「℧」。1Aの電流を流したとき、両端の電位差が1Vになるような導線の導電率。主に、アメリカで使われる。◇「ジーメンス」ともいう。⇒ジーメンス

出典 講談社単位名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

モー

体操、女子段違い平行棒競技の技。バーを越えながら前方かかえ込み宙返り懸垂。名称はアトランタオリンピック(1996年)跳馬で銀メダルを獲得した中国の体操選手、莫慧蘭(モー・フイラン)から。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

モー

〘名〙 (mho) 電気伝導度の単位。一オームの抵抗をもつ時の物体の伝導度。一オームの逆数。記号Ω→ジーメンス

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モー【mho】

コンダクタンスの単位。コンダクタンスは電気抵抗の逆数であるのでohm,Ωを逆に書いて,mho,℧の記号を用いていたが,国際単位系ではジーメンス(S)に統一,使用しないこととなっている。【平山 宏之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のモーの言及

【アドミタンス】より

…単位はジーメンス,単位記号はS。かつてモー(℧)という単位が用いられた。電流の流れにくさを示すインピーダンスの逆数である。…

※「モー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android