コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モー モーMeaux

8件 の用語解説(モーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モー
モー
Meaux

フランス北部,セーヌエマルヌ県の都市。パリの東北東約 44kmに位置する。マルヌ川,およびパリに通じるルルク運河に面し,はしけのための港をもつ。ガロ・ローマ時代からの町で,923~1361年はシャンパーニュ伯領。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モー
モー
mho

コンダクタンスまたはアドミタンスの MKSA単位。 SI単位ジーメンスと同じ。1モーは1オーム電気抵抗体のもつコンダクタンスで,電気抵抗の単位オーム ohmの逆数であるために単位名 mhoがアメリカから慣用されてきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モー(mho)

オーム(ohm)の逆綴り》コンダクタンスの単位。米国で用いる呼称で、オームの逆数であるところからいう。国際単位系(SI)ではジーメンスを用いる。記号℧

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

モー

電気抵抗の逆数の単位。オームの逆数なのでohmを逆にしてmho,記号もΩを逆さまにして書く。→ジーメンス(単位)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

モー

体操、女子段違い平行棒競技の技。バーを越えながら前方かかえ込み宙返り懸垂。名称はアトランタオリンピック(1996年)跳馬で銀メダルを獲得した中国の体操選手、莫慧蘭(モー・フイラン)から。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モー【mho】

コンダクタンスの単位。コンダクタンスは電気抵抗の逆数であるのでohm,Ωを逆に書いて,mho,℧の記号を用いていたが,国際単位系ではジーメンス(S)に統一,使用しないこととなっている。【平山 宏之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

モー【mho】

〔オーム(ohm)を逆に綴つづったもの〕
電気伝導率の単位。アメリカでの称で、 SI 単位はジーメンス。記号 ℧  

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

単位名がわかる辞典の解説

モー【mho】

導電率の単位。電気抵抗(オーム・記号は「Ω」)の逆数。記号は「℧」。1Aの電流を流したとき、両端の電位差が1Vになるような導線の導電率。主に、アメリカで使われる。◇「ジーメンス」ともいう。⇒ジーメンス

出典|講談社
単位名がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のモーの言及

【アドミタンス】より

…単位はジーメンス,単位記号はS。かつてモー(℧)という単位が用いられた。電流の流れにくさを示すインピーダンスの逆数である。…

※「モー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モーの関連情報