コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブカンゾウ

百科事典マイペディアの解説

ヤブカンゾウ

カンゾウ萱草

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブカンゾウ
やぶかんぞう / 藪萱草
[学]Hemerocallis fulva L. form. kwanso (Regel) Kitam.

ユリ科の多年草。ワスレグサ(忘草)ともいう。花は八重咲きで大陸産のホンカンゾウの品種とされているが、その起源については不明の点も多い。根は先端部が紡錘状に肥厚する。葉は根生し左右2列に並び、長さ40~60センチメートル。葉幅はやや広く、4センチメートルに達し、広線形で無毛、全縁。花茎は高さ0.7~1メートル、数枚の小さな包葉があり、茎頂は典型的な二又分枝を示し、黄褐色で赤色の斑紋(はんもん)がある花を数個つける。7~8月に開花するが、三倍体であり結実はしない。日本から中国にかけて広く分布し、平地や丘陵地の斜面、林縁などに生育する。[河野昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヤブカンゾウの言及

【キスゲ】より

…葉は線形で2列に互生する。レモン色の花を夜間に開くキスゲの群と,橙黄色から赤色の昼咲きの花をつけるゼンテイカや,ノカンゾウ,ヤブカンゾウなどの群がある。東アジアの温帯域に10種あまりが分布している。…

※「ヤブカンゾウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤブカンゾウの関連キーワードノカンゾウ(野萱草)カンゾウ(萱草)キンシンサイヘメロカリス忘れ草・萱草単散花序万葉植物ユリ科忘れ草萱草色キスゲ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤブカンゾウの関連情報