コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブコウジ(藪柑子) ヤブコウジArdisia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブコウジ(藪柑子)
ヤブコウジ
Ardisia japonica

ヤブコウジ科の常緑小低木。アジア東部の暖帯に分布し,日本各地の低山や丘陵地のやや乾燥した林下に普通にみられる。群生することが多い。根茎は地下を長くはい,先は直立してほとんど分枝せず高さ 10~30cmになる。葉は長さ6~12cmの長楕円形,鋭頭で短い柄があり,上部に2~3段輪生状につく。濃い緑色で光沢があり,中肋のほかはほとんど無毛で縁に細かい鋸歯が並ぶ。夏,葉腋に花柄を出し,2~5個ずつの白色小花を下向きにつける。萼は5深裂し,花冠は皿状でやはり5裂する。おしべ5本,めしべ1本があり,果実は球形で赤熟し,下垂する。古くから観賞用に栽培され,江戸時代には多くの園芸品種がつくられた。根を解毒利尿剤として用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブコウジ【ヤブコウジ(藪柑子) Ardisia japonica (Thunb.) Bl.】

通常,林下に自生するヤブコウジ科の常緑の草のような小低木で匍匐枝(ほふくし)を出す。茎は単一で直立し,高さ10~20cmとなり,上部には毛がある。葉は茎の上部に1~2輪層につき,堅い紙質で楕円形,長さ6~13cm,先端は急にとがり,基部はくさび形あるいはやや円形,ふちに鋸歯があり,裏面は中肋上に少し毛がある。腋生(えきせい)またはやや頂生につく散形花序は,柔毛があり,長さ3~5cmで,2~5個の白色の小さい花を下垂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android