コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブコウジ(藪柑子) ヤブコウジ Ardisia japonica

2件 の用語解説(ヤブコウジ(藪柑子)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブコウジ(藪柑子)
ヤブコウジ
Ardisia japonica

ヤブコウジ科の常緑小低木。アジア東部の暖帯に分布し,日本各地の低山や丘陵地のやや乾燥した林下に普通にみられる。群生することが多い。根茎は地下を長くはい,先は直立してほとんど分枝せず高さ 10~30cmになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブコウジ【ヤブコウジ(藪柑子) Ardisia japonica (Thunb.) Bl.】

通常,林下に自生するヤブコウジ科の常緑の草のような小低木で匍匐枝(ほふくし)を出す。茎は単一で直立し,高さ10~20cmとなり,上部には毛がある。葉は茎の上部に1~2輪層につき,堅い紙質で楕円形,長さ6~13cm,先端は急にとがり,基部はくさび形あるいはやや円形,ふちに鋸歯があり,裏面は中肋上に少し毛がある。腋生(えきせい)またはやや頂生につく散形花序は,柔毛があり,長さ3~5cmで,2~5個の白色の小さい花を下垂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤブコウジ(藪柑子)の関連キーワードセンリョウ(千両)マンリョウ(万両)イズセンリョウ(伊豆千両)伊豆千両雲仙躑躅唐橘万両鬼藪蘇鉄熊蕨藪柑子

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone