コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブコウジ

2件 の用語解説(ヤブコウジの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤブコウジ

ヤブコウジ科の常緑小低木。日本全土,東アジア山地の林などにはえる。根茎が長く,茎は高さ20cm内外。葉は長楕円形で細鋸歯(きょし)があり,互生するが上部では接して輪生状となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブコウジ
やぶこうじ / 藪柑子・紫金牛
[学]Ardisia japonica Blume

ヤブコウジ科の常緑小低木。高さ10~20センチメートル地下茎を伸ばす。葉は輪生状に2、3段集まってつき、長楕円(ちょうだえん)形で長さ5~13センチメートル、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)がある。7~8月、葉腋(ようえき)や鱗片葉(りんぺんよう)の腋に散形花序をつくり、白色花を2~5個、下向きに開く。花冠は深く5裂して径6~8ミリメートル、細点がある。雄しべは5本。果実は冬中、葉の下につき、球形で径約5ミリメートル、赤く熟す。やや乾いた丘陵地の林内に生え、北海道の奥尻(おくしり)島から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。庭木、鉢植えとし、園芸品種も多い。『万葉集』には山橘(やまたちばな)として5首が詠まれている。ヤブコウジ属はアジア、アメリカ、オーストラリアの暖帯から熱帯に約400種ある。[小林義雄]

文化史

冬に赤い実が映え、春日王(かすがのおおきみ)は「あしひきの山橘の色に出(い)でよ語(かた)らひ継(つ)ぎて逢ふこともあらむ」(巻4)と恋のシグナルに例えた。冬も枯れない葉と美しい赤い実は「卯杖(うづえ)の飾り」(『枕草子(まくらのそうし)』)、「髪そぎの時の山菅(やますげ)に添ふる」(『古今栄雅(えいが)抄』)、「祝儀(しゅうぎ)のかざり物」(『貞丈雑記(ていじょうざっき)』)などに古くは使われた。正月初卯(はつう)の日にウツギの枝をヒカゲノカズラで巻き、ヤブコウジを挿す行事は、京都の上賀茂(かみがも)神社の卯杖の神事に残る。かつて男子5歳、女子4歳になると、髪の先を肩あたりで切りそろえる髪削(かみそぎ)の儀式が行われ、ヤブコウジを髪に挿した。正月などに松竹梅と組み合わせてヤブコウジを飾る風習は江戸時代から記録に残る。明治中期には園芸品種が大流行し、投機の対象とされ、新潟県は県令で売買を禁じた。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤブコウジの関連キーワード岩梨地百足栂桜日陰躑躅万両米葉栂桜白玉の木藪柑子

ヤブコウジの関連情報