コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマグルマ

3件 の用語解説(ヤマグルマの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤマグルマ

トリモチノキとも。ヤマグルマ科の常緑高木。本州〜沖縄,東アジアの暖地の山中にはえる。葉は枝先に集まってつき厚く濃緑色で光沢があり,広倒卵形,先端は急にとがる。5〜6月,枝先に球形の総状花序を出し黄緑色の両性花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマグルマ【Trochodendron aralioides Sieb.et Zucc.】

暖温帯~冷温帯の山地岩場に生えるヤマグルマ科の常緑高木(イラスト)。庭に植えたり,盆栽にすることもある。また,樹皮をはいで水につけ,よくつきつぶして処理をして鳥黐(とりもち)を作るので,トリモチノキの別名がある。この鳥黐は,かつて相当生産され,各地で使用されていた。 高さ10m,時に20mに達し,両性花をつける木と雄花をつける木がある。岩上に生育して,根を数mも下の地面まで伸ばすことがある。葉は厚く光沢があり,円形からひし形,時に長楕円形で葉柄は長い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマグルマ
やまぐるま / 山車
[学]Trochodendron aralioides Sieb. et Zucc.

ヤマグルマ科の常緑高木。トリモチノキともいう。幹は直立性で、高さ15メートル以上になる。葉は長い柄があり、枝先にやや輪生状につく。葉身は狭倒卵形または倒卵形で先端はとがり、縁(へり)の上部に鈍鋸歯(どんきょし)があり、革質で光沢がある。6月ころ、枝先に総状花序をつくり、長い柄のある黄緑色花を数個または多数開く。花被片(かひへん)はなく、雄しべは多数。雌しべは5~10枚の心皮が輪状に並ぶ。果実は5~10個の袋果からなり、径約1センチメートル。山地の林内に生え、中部地方以西の本州から沖縄、および中国に分布する。1科1属1種で類縁関係のものがほとんどない珍しい植物である。名は、枝先に葉が車輪状につくことによる。別名は、昔、樹皮からとりもちを製したことによる。[古澤潔夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤマグルマの関連キーワード温帯湖温帯林常緑樹温帯植物帰山暖温帯暖帯冷温帯暖温帯林灰色土

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤマグルマの関連情報