コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマグルマ

3件 の用語解説(ヤマグルマの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤマグルマ

トリモチノキとも。ヤマグルマ科の常緑高木。本州〜沖縄,東アジアの暖地の山中にはえる。葉は枝先に集まってつき厚く濃緑色で光沢があり,広倒卵形,先端は急にとがる。5〜6月,枝先に球形の総状花序を出し黄緑色の両性花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマグルマ【Trochodendron aralioides Sieb.et Zucc.】

暖温帯~冷温帯の山地岩場に生えるヤマグルマ科の常緑高木(イラスト)。庭に植えたり,盆栽にすることもある。また,樹皮をはいで水につけ,よくつきつぶして処理をして鳥黐(とりもち)を作るので,トリモチノキの別名がある。この鳥黐は,かつて相当生産され,各地で使用されていた。 高さ10m,時に20mに達し,両性花をつける木と雄花をつける木がある。岩上に生育して,根を数mも下の地面まで伸ばすことがある。葉は厚く光沢があり,円形からひし形,時に長楕円形で葉柄は長い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマグルマ
やまぐるま / 山車
[学]Trochodendron aralioides Sieb. et Zucc.

ヤマグルマ科の常緑高木。トリモチノキともいう。幹は直立性で、高さ15メートル以上になる。葉は長い柄があり、枝先にやや輪生状につく。葉身は狭倒卵形または倒卵形で先端はとがり、縁(へり)の上部に鈍鋸歯(どんきょし)があり、革質で光沢がある。6月ころ、枝先に総状花序をつくり、長い柄のある黄緑色花を数個または多数開く。花被片(かひへん)はなく、雄しべは多数。雌しべは5~10枚の心皮が輪状に並ぶ。果実は5~10個の袋果からなり、径約1センチメートル。山地の林内に生え、中部地方以西の本州から沖縄、および中国に分布する。1科1属1種で類縁関係のものがほとんどない珍しい植物である。名は、枝先に葉が車輪状につくことによる。別名は、昔、樹皮からとりもちを製したことによる。[古澤潔夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤマグルマの関連情報