コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤロード ヤロード Ochrosia nakaiana

2件 の用語解説(ヤロードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤロード
ヤロード
Ochrosia nakaiana

キョウチクトウ科の常緑高木で,小笠原諸島の各島に自生する。高さ数m,ときに 10mをこえる。幹は明るい灰白色で直立し,樹皮の内側は黄色。この材を欧米系の島民が yellow woodと呼んだのがなまってヤロードの名になったといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヤロード【Ochrosia oppositifolia (Lamk.) K.Schum.】

熱帯の海岸地域に生えるキョウチクトウ科の常緑高木で,高さ5~15mとなる。葉は下方のものは対生で上方のものは3~4個の輪生,倒卵形または倒卵状長楕円形,革質で,先端は急にとがり,基部は狭長,長さ14~36cm,毛がなく,中肋の多数の側脈は平行に走る。頂生の集散花序は長さ8~10cm。花冠は高盆形で白色,つぼみで長さ約1cm,裂片は開出し長楕円形,長さ7mmで先端は鈍頭。果実は核果で,単生またはまれに双生,卵円形で先端には短いくちばしを有し,長さ6cm,幅2~5cmぐらい,橙色で,中果皮は繊維質。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤロードの関連キーワードキョウチクトウ(夾竹桃)夾竹桃谷桔梗丁子草熱帯鳥風藤葛みふくらぎアラマンダキョウチクトウスズメセイヨウキョウチクトウ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone