コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤロード Ochrosia nakaiana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤロード
Ochrosia nakaiana

キョウチクトウ科の常緑高木で,小笠原諸島の各島に自生する。高さ数m,ときに 10mをこえる。幹は明るい灰白色で直立し,樹皮の内側は黄色。この材を欧米系の島民が yellow woodと呼んだのがなまってヤロードの名になったといわれる。葉は厚く光沢があり,長さ 10~15cmで先端は丸く,中肋に対してほぼ直角に分岐する側脈が密に並んで特徴的である。葉,枝とも傷つけると白汁を分泌し,有毒である。夏,枝端に円錐花序をなして,黄白色,星形の小さな合弁花を多数つける。果実は2個の楕円体の分果が向き合ってつき,熟すと鮮かな黄色になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤロード【Ochrosia oppositifolia (Lamk.) K.Schum.】

熱帯の海岸地域に生えるキョウチクトウ科の常緑高木で,高さ5~15mとなる。葉は下方のものは対生で上方のものは3~4個の輪生倒卵形または倒卵状長楕円形,革質で,先端は急にとがり,基部は狭長,長さ14~36cm,毛がなく,中肋の多数の側脈は平行に走る。頂生の集散花序は長さ8~10cm。花冠は高盆形で白色,つぼみで長さ約1cm,裂片は開出し長楕円形,長さ7mmで先端は鈍頭。果実は核果で,単生またはまれに双生卵円形で先端には短いくちばしを有し,長さ6cm,幅2~5cmぐらい,橙色で,中果皮は繊維質。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android